google.appengine.api.apiproxy_rpc モジュール

概要

API プロキシスタブの RPC を実装するための基本クラス。

内容

class google.appengine.api.apiproxy_rpc.RPC(package=None, call=None, request=None, response=None, callback=None, deadline=None, stub=None)ソース

ベース: object

API プロキシスタブの RPC を実装するための基本クラス。

非同期 API 呼び出しを行うための RPC を実装するには:
  • このクラスを拡張します。

  • 実際の非同期呼び出しを行うように _MakeCallImpl と _WaitImpl をオーバーライドします。

CheckSuccess()ソース

例外が発生した場合は、ここで明らかにします。

発生

API 呼び出しやコールバックに関する例外。

Clone()ソース

メソッドを除くこのインスタンスの属性のシャローコピーを作成します。

シャローコピーは通常 RPC がなんらかの構成オプションを含めて指定された場合に使用され、デベロッパーが簡単に制御できない複数の RPC 用のテンプレートとして使用されます。

FINISHING = 2
IDLE = 0{/0}
MakeCall(package=None, call=None, request=None, response=None, callback=None, deadline=None)ソース

指定された呼び出しメソッドに指定されたパッケージ内で非同期(すなわち非ブロッキング)API 呼び出しを行います。

これにより実際のジョブを実行するための _MakeRealCall が呼び出されます。

パラメータ

コンストラクタと同じ。__init__ – をご覧ください。

発生
  • 引数の型が無効な場合に TypeError や AssertionError。

  • RPC がすでに使用されている場合に AssertionError や RuntimeError。

RUNNING = 1
Wait()ソース

この RPC に関連付けられた API 呼び出しを待機します。

exception
state
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境