Sockets PHP API の概要


ソケットは有料アプリでのみ使用でき、ソケットからのトラフィックは送信帯域幅として課金されます。また、ソケットには日単位の割り当てと分単位(急増)の割り当ての制限が適用されます。 App Engine では、標準の PHP ライブラリ(fsockopen など)のメソッドを使用してアウトバウンド ソケットがサポートされます。 サポートされているオプションの場合、socket_get_option 呼び出しでは仮の値が返され、socket_set_option 呼び出しは通知なしに無視されます。サポートされていないオプションの場合は、引き続きエラーが発生します。

次のオプションを使用できます。

  • SO_KEEPALIVE
  • SO_DEBUG
  • TCP_NODELAY
  • SO_LINGER
  • SO_OOBINLINE
  • SO_SNDBUF
  • SO_RCVBUF
  • SO_REUSEADDR

制限事項

App Engine でのソケットのサポートには次の制限があります。

  • ソケットは有料アプリでのみ使用できます。
  • リッスン ソケットは作成できません。作成できるのはアウトバウンド ソケットだけです。
  • FTP はサポートされません。
  • 使用できるのは TCP と UDP だけで、任意のプロトコルを使用できるわけではありません。
  • 特定の IP アドレスまたはポートにバインドすることはできません。
  • ポート 25(SMTP)はブロックされます。送信ポート 587 の認証済みの SMTP は使用できます。
  • 下記のホワイトリストに登録されていないプライベート、ブロードキャスト、マルチキャスト、Google の IP 範囲はブロックされます。

    • Google パブリック DNS: 8.8.8.88.8.4.42001:4860:4860::88882001:4860:4860::8844 のポート 53
    • Gmail SMTPS: smtp.gmail.com のポート 465 と 587
    • Gmail POP3S: pop.gmail.com のポート 995
    • Gmail IMAPS: imap.gmail.com のポート 993
  • ソケット記述子は作成元の App Engine アプリに関連付けられ、他のアプリで使用することはできません。

  • ソケットはアクティブでない状態が 2 分続くと回収されます。ソケットが維持される時間は、なんらかのオペレーションが行われると 2 分延長されます。

開発用サーバーでソケットを使用する

ソケットを使用したコードは、開発用サーバーでそのまま実行してテストできます。特別なコマンドライン パラメータは必要ありません。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

PHP の App Engine スタンダード環境