PHP バージョン 5.5 はコミュニティでサポートを終了したため、新しいアプリでは PHP 7 ランタイムを使用することを強くおすすめします。

App Engine へのデプロイ

リージョン ID

REGION_ID は、アプリを作成するときに選択するリージョンに基づいて Google が割り当てるコードです。既存のアプリでは省略可能でしたが、新しいアプリでは App Engine の URL に REGION_ID.r を含めることが必須になります。移行がスムーズに行われるように、リージョン ID を使用するよう App Engine を徐々に更新しています。Google Cloud プロジェクトがまだ更新されていない場合、アプリにリージョン ID が表示されません。ID は既存のアプリでは省略可能なため、リージョン ID が既存のアプリで使用可能になったときに、URL を更新したり、他の変更を行ったりする必要はありません。詳しくは、リージョン ID をご覧ください。

このページでは、ゲストブック サンプルアプリを App Engine にデプロイする方法を説明します。

このページは複数ページからなるチュートリアルの一部です。設定の手順を最初から確認する場合はゲストブックの作成に移動してください。

アプリケーションのデプロイ

ゲストブック アプリをアップロードするには、アプリケーションの appengine-php-guestbook ディレクトリ(app.yaml ファイルが配置されているディレクトリ)から次のコマンドを実行します。

gcloud app deploy

オプション フラグ:

  • gcloud ツールでデフォルトとして初期設定したものに代わる Cloud Console プロジェクト ID を指定するには、--project フラグを指定します。例: --project [YOUR_PROJECT_ID]
  • -v フラグを含めると、バージョン ID を指定できます。指定しなかった場合は自動的に生成されます。例: -v [YOUR_VERSION_ID]

コマンドラインからのアプリのデプロイの詳細は、PHP アプリをデプロイするをご覧ください。

アプリケーションの表示

ブラウザを起動して https://PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com でアプリを表示するには、次のコマンドを実行します。

gcloud app browse

次のステップ