ゲストブックの作成

このチュートリアルでは、App Engine に対応した PHP アプリケーションを実装する方法を学習します。ここでは、ユーザーが公開のメッセージ ボードにメッセージを投稿できる簡単なゲストブックを使用します。

目標

  • チュートリアル プロジェクトのクローンを作成する。
  • サンプルコードで、アプリケーションと Google アカウントの統合、ウェブフォームの処理、静的ファイルの提供を行う方法を確認する。
  • プロジェクトを実行、テスト、デプロイする。

料金

このチュートリアルの実行に伴う費用はありません。このアプリケーションによって無料の割り当てを超過することはありません。

始める前に

  1. 新しい GCP Console プロジェクトを作成するか、Google Cloud Platform Console から既存のプロジェクトのプロジェクト ID を取得します。

    プロジェクト ページに移動

    ヒント: gcloud で既存のプロジェクト ID のリストを取得します。

  2. Google Cloud SDK をインストールしてから、gcloud ツールを初期化します。
    SDK をダウンロード

GitHub からプロジェクトのクローンを作成する

  1. ローカルマシンにゲストブック アプリケーションのリポジトリのクローンを作成します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/appengine-php-guestbook.git
    
  2. アプリケーションの最終バージョンを含むブランチに切り替えます。

    cd appengine-php-guestbook/
    git fetch
    git checkout phase3-staticfiles
    

クローンを作成したプロジェクトには複数のブランチが含まれています。このチュートリアルでは、phase3-staticfiles というブランチのプロジェクトについてのみ説明します。

ローカルでビルドして実行する

サンプルをローカルでビルドして実行するには、次の手順を行います。

  1. ブランチ phase3-staticfilesappengine-php-guestbook プロジェクトから、次のコマンドを呼び出します。/path/to/php-cgi は適切な値で置き換えます。

    dev_appserver.py ./ --php_executable_path=/path/to/php-cgi
    
  2. 開発用ウェブサーバーが実行されています。http://localhost:8080 に移動します。

  3. アプリによって、ログインを求めるページが表示されます。[Sign in] リンクをクリックして、任意のメールアドレスでログインします。開発用サーバーには、テスト目的のごく基本的な Google Account ログイン プロセスのエミュレーションしかないため、有効であってもなくても、指定したどんなメールアドレスでも受け付けられ、その指定された値に基づいて、架空のユーザー オブジェクトが生成されます。同じコードを本番環境にデプロイする場合は、ログイン用に有効な Google アカウントとメールアドレスが必要です。これにより、有効なユーザー オブジェクトが生成されます。

  4. Ctrl + C キーを押して、開発用サーバーを終了します。

コードの説明

次のページに進んで、アプリケーション コードとその機能を確認しましょう。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

PHP の App Engine スタンダード環境