注: 今後数か月にわたり、App Engine ドキュメント サイトの再編成を行い、コンテンツを見つけやすくなり、他の Google Cloud プロダクトと統一されます。内容は変わりませんが、ページ間のナビゲーションは残りの Cloud プロダクトと統一されます。

PHP 8.1 が一般提供になりました。

モニタリングとアラートのレイテンシ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Google App Engine でレイテンシの増大をモニタリングしてアラートを受け取る方法について説明します。

App Engine アプリでは、さまざまな理由でレイテンシが大きくなります。たとえば、アプリのコードが最適化されていない、リソースが十分にない、ビジー状態のマシンが存在するといった理由が考えられます。このガイドでは、理由にかかわらず App Engine によって生成されるレイテンシに焦点を当てて説明します。

レイテンシの増大は 5xx エラーにつながる可能性が高いことを理解しておくことが重要です。したがって、レイテンシの増大を迅速に検出すれば、早い段階でこれに対処してアプリケーション エラーを解決できます。

モニタリングとアラートの設定

モニタリング

アプリのレスポンスのレイテンシをモニタリングするためにカスタマイズしたグラフを作成する場合は、[Cloud Monitoring] > [Metrics Explorer] を使用して独自のグラフを構築します。

[Metrics Explorer] ページに移動

[Resource Type] で、[GAE Application] を選択し、[Metric] フィルタで [Response latency] を選択します。確認する具体的なサービスがある場合は、[Filters] を使用して特定のモジュールでフィルタすることもできます。そうすると、そのサービスのレスポンス レイテンシ グラフが表示されます。

Metrics Explorer のスクリーンショット

これでカスタマイズしたグラフを設定できたので、次のセクションでは、一定の秒数を超えるレイテンシの通知を設定する方法について説明します。

アラート

アラート ポリシーを作成するには:

  1. 通知を設定し、[Cloud Monitoring] > [アラート] でアラート ポリシーを作成して、[+ CREATE POLICY] をクリックします。
  2. [ADD CONDITION] をクリックして、アラートに条件を追加します。

    [アラート] ページに移動

  3. ターゲットとして [GAE Application] を選択します。

たとえば、App Engine アプリの応答時間のようなレスポンスのレイテンシに関するアラートを受け取る場合は、[Response latency] を選択します。

アラート ポリシー作成のスクリーンショット

必要に応じてモジュール ID を選択し、しきい値と通知チャンネルを追加することもできます。手順については、通知チャンネルの管理をご覧ください。

ポリシーの作成が終了すると、[アラート] ページの一覧にそのポリシーが表示されます。作成したポリシーをクリックすると、次の図のような詳細が表示されます。

ポリシーの詳細のスクリーンショット

以上で、最初の App Engine レイテンシ ポリシーが作成されました。ポリシーを作成した後は、インシデントが検出されると選択したチャンネルにアラートが送信されます。

レイテンシのデバッグ

App Engine レイテンシ ダッシュボードの確認

通常、App Engine アプリケーションのレイテンシを確認するには、[App Engine] > [ダッシュボード] に移動して [レイテンシ] グラフを選択します。

App Engine ダッシュボードに移動

レイテンシ グラフをサービス、バージョン、期間でフィルタして、データを詳しく調査できます。

GAE ダッシュボードに表示したレイテンシ グラフのスクリーンショット

上の図では、アプリケーションのレイテンシが数ミリ秒から 25 秒近くまで変動していることがわかります。

アプリのレイテンシについて

特定のリクエストにかかった時間をすぐに知りたい場合は、次の情報を調べます。

  • Cloud Logging に移動して、リクエストログとアプリケーション ログを見ます。
  • Cloud Trace に移動して、リクエストがどのように伝播するかを追跡します。

Cloud Logging

Cloud Logging では、リクエストログとアプリケーション ログの 2 種類のログを見ることができます。リクエストログは、アプリケーションへのリクエストごとに App Engine によって自動的に作成されるログで、HTTP メソッドやレスポンス コードなどが含まれます。アプリケーション ログは、ユーザーが書き込むアプリケーションのログです。

リクエストログまたはアプリケーション ログを表示するには、ログの表示をご覧ください。

ログ エクスプローラのアプリケーション ログとリクエストログのスクリーンショット

Cloud Trace

Cloud Trace は、リクエストがアプリケーションを通じてどのように伝播するかを把握するために役立ちます。リクエストごとの詳しいレイテンシ情報の分析や、アプリケーション全体のレイテンシの確認などができます。

Cloud Trace でトレースの詳細を表示するには、トレースの詳細の表示の手順を行います。次の図に示すように、[トレースリスト] でフィルタを使用して特定の App Engine サービスやバージョンでトレースをフィルタできます。

トレースリストのスクリーンショット