Cloud Storage の使用

Cloud Storage は、ファイル(動画、画像、その他の静的コンテンツなど)を保存または提供する目的で使用できます。

このドキュメントでは、アプリで Google Cloud クライアント ライブラリを使用して、Cloud Storage にデータを格納したり、Cloud Storage からデータを取得したりする方法を説明します。

始める前に

  • App Engine の Node.js 用「Hello, World!」の説明に従って環境とプロジェクトを設定し、App Engine での Node.js アプリの構造を理解してください。このドキュメントで説明しているサンプル アプリケーションを実行する際に必要となるため、プロジェクト ID をメモして保存しておきます。

  • 次のコマンドを呼び出して、アプリケーション用の Cloud Storage バケットを作成します。

    gsutil mb gs://[YOUR_BUCKET_NAME]
    
  • バケットを一般公開(読み取り可能)にして、ファイルを提供できるようにします。

    gsutil defacl set public-read gs://[YOUR_BUCKET_NAME]
    

サンプルのダウンロード

リポジトリのクローンを作成するには、次のコマンドを実行します。

git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/nodejs-docs-samples/
cd nodejs-docs-samples/appengine/storage/standard

プロジェクト構成の編集と依存関係のインストール

app.yaml で、GOOGLE_CLOUD_PROJECT 環境値にプロジェクト ID を追加し、その後で、GCLOUD_STORAGE_BUCKET 環境値を、以前作成した Cloud Storage バケットの名前に設定します。

runtime: nodejs10

env_variables:
  GCLOUD_STORAGE_BUCKET: YOUR_BUCKET_NAME

package.json 内に、依存関係として @google-cloud/storage を追加します。これで Cloud Storage を利用するための機能が提供されます。

{
  "name": "appengine-storage",
  "description": "Node.js Google Cloud Storage sample for Google App Engine",
  "scripts": {
    "start": "node app.js",
    "test": "mocha system-test/*.test.js --exit --timeout=30000"
  },
  "engines": {
    "node": ">=8.0.0"
  },
  "dependencies": {
    "@google-cloud/storage": "^3.0.0",
    "body-parser": "^1.18.3",
    "express": "^4.16.4",
    "multer": "^1.4.1",
    "pug": "^2.0.3"
  },
  "devDependencies": {
    "@google-cloud/nodejs-repo-tools": "^3.3.0",
    "mocha": "^6.0.0"
  },
  "cloud-repo-tools": {
    "requiresProjectId": true,
    "requiresKeyFile": true,
    "test": {
      "app": {
        "requiredEnvVars": [
          "GCLOUD_STORAGE_BUCKET"
        ],
        "msg": "<input type=\"file\" name=\"file\">",
        "substitutions": "YOUR_BUCKET_NAME=$GCLOUD_STORAGE_BUCKET"
      },
      "build": {
        "requiredEnvVars": [
          "GCLOUD_STORAGE_BUCKET"
        ]
      }
    }
  }
}

アプリケーション コード

このサンプル アプリケーションはウェブページを表示し、Cloud Storage に保存するファイルを指定するようユーザーに促します。ユーザーがファイルを選択して [送信] をクリックすると、アップロード ハンドラがファイルの内容を blob に読み込み、Cloud Storage に書き込みます。

ファイルが Cloud Storage にアップロードされると、このファイルの公開 URL が返されます。この URL を使用して、Cloud Storage から直接ファイルを配信できます。今後も使用できるように、この値をアプリで保存してください。

const {format} = require('util');
const express = require('express');
const Multer = require('multer');
const bodyParser = require('body-parser');

// By default, the client will authenticate using the service account file
// specified by the GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS environment variable and use
// the project specified by the GOOGLE_CLOUD_PROJECT environment variable. See
// https://github.com/GoogleCloudPlatform/google-cloud-node/blob/master/docs/authentication.md
// These environment variables are set automatically on Google App Engine
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Instantiate a storage client
const storage = new Storage();

const app = express();
app.set('view engine', 'pug');
app.use(bodyParser.json());

// Multer is required to process file uploads and make them available via
// req.files.
const multer = Multer({
  storage: Multer.memoryStorage(),
  limits: {
    fileSize: 5 * 1024 * 1024, // no larger than 5mb, you can change as needed.
  },
});

// A bucket is a container for objects (files).
const bucket = storage.bucket(process.env.GCLOUD_STORAGE_BUCKET);

// Display a form for uploading files.
app.get('/', (req, res) => {
  res.render('form.pug');
});

// Process the file upload and upload to Google Cloud Storage.
app.post('/upload', multer.single('file'), (req, res, next) => {
  if (!req.file) {
    res.status(400).send('No file uploaded.');
    return;
  }

  // Create a new blob in the bucket and upload the file data.
  const blob = bucket.file(req.file.originalname);
  const blobStream = blob.createWriteStream({
    resumable: false,
  });

  blobStream.on('error', err => {
    next(err);
  });

  blobStream.on('finish', () => {
    // The public URL can be used to directly access the file via HTTP.
    const publicUrl = format(
      `https://storage.googleapis.com/${bucket.name}/${blob.name}`
    );
    res.status(200).send(publicUrl);
  });

  blobStream.end(req.file.buffer);
});

const PORT = process.env.PORT || 8080;
app.listen(PORT, () => {
  console.log(`App listening on port ${PORT}`);
  console.log('Press Ctrl+C to quit.');
});

詳細情報

Cloud Storage の詳細については、Cloud Storage のドキュメントをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Node.js 用 App Engine スタンダード環境に関するドキュメント