開発環境の設定

Node.js で開発するための環境を設定するには:

  1. Node.js の最新リリースをダウンロードしてインストールします。

    サポートされているバージョンのリストについては、Node.js ランタイム環境をご覧ください。

  2. Cloud SDK をダウンロードしてインストールし、初期化します。すでに Cloud SDK がインストールされている場合は、gcloud components update コマンドを実行して最新のリリースに更新します。

    Cloud SDK には、アプリのデプロイと管理に使用できる gcloud コマンドライン ツールが用意されています。

    Cloud SDK for App Engine をダウンロードすることで、Cloud SDK for App Engine の使用を規定する利用規約の各条項に従うことに同意したとみなされます。

    Cloud SDK をダウンロードしてインストール

オプション ツールのインストール

  • GitHub のコード、サンプル、ライブラリ、ツールにアクセスするために、Git をインストールします。

    Git をダウンロードしてインストールする

  • 通常は Node.js と一緒に npm パッケージ マネージャーがインストールされますが、代わりに Yarn Package Manager をインストールすることもできます。

  • Node.js と npm のインストールを簡単に管理するには、Node Version Manager(nvm)をインストールします。

    nvm をインストールする

    Windows を使用している場合は、nvm-windowsをご覧ください。

  • 任意のツールやフレームワークをインストールします。たとえば、Express.js フレームワークを使用できます。