LocalDatastoreService

com.google.appengine.api.datastore.dev

クラス LocalDatastoreService

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.datastore.dev.LocalDatastoreService
  • 直接および既知のサブクラス:
    LocalDatastoreV3Service


    public abstract class LocalDatastoreService
    extends java.lang.Object
    データストアのローカル実装。

    これはメモリベースの実装で、バッチ オペレーションによってこれをディスクに永続化することができます。

    TODO(b/27737489)Derby(JDK にバンドルされている)などによって支えられているこの実装を向上させます。おそらく、「繰り返し 2」です。

    このクラスは com.google.appengine.tools.development.LocalRpcService ではなくなりました。ただし、下位互換性のために、現在でもサービスと呼ばれています。

    • ネストクラスの概要

      ネストクラス 
      修飾子と型 クラスと説明
      static class  LocalDatastoreService.AutoIdAllocationPolicy
      autoIdAllocationPolicy(put() による自動 ID の割り当てを制御する)でサポートされている値のセット。
    • フィールドの概要

      フィールド 
      修飾子と型 フィールドと説明
      static java.lang.String AUTO_ID_ALLOCATION_POLICY_PROPERTY 
      static java.lang.String BACKING_STORE_PROPERTY
      データストアの読み取りと書き込みを行う場所。
      static java.lang.String EMULATE_VNEXT_FEATURES
      データストアの vnext 機能をエミュレートする場合は true。
      static java.lang.String FORCE_IS_HIGH_REP_PROPERTY
      このプロパティが存在する場合、データストアは高レプリケーション ジョブポリシーとは独立して高レプリケーションとみなされます。
      static java.lang.String HIGH_REP_JOB_POLICY_CLASS_PROPERTY
      HighRepJobPolicy を実装し、引数を持たないコンストラクタを持つクラスの完全修飾名。
      static java.lang.String INDEX_CONFIGURATION_FORMAT_PROPERTY 
      static int MAX_EG_PER_TXN
      トランザクションのエンティティ グループの最大数。
      static java.lang.String MAX_QUERY_LIFETIME_PROPERTY
      クエリが「存続」できる時間。この時間が経過すると失効となります。
      static int MAX_QUERY_RESULTS 
      static java.lang.String MAX_TRANSACTION_LIFETIME_PROPERTY
      トランザクションが「存続」できる時間。この時間が経過すると失効となります。
      static java.lang.String NO_INDEX_AUTO_GEN_PROP
      true にすると、データストアで com.google.apphosting.utils.config.IndexesXmlReader#GENERATED_INDEX_FILENAME への書き込みが回避されます。
      static java.lang.String NO_STORAGE_PROPERTY
      true にすると、データストアは「メモリ専用」モードになります。
      static java.lang.String PACKAGE
      このサービスのパッケージ名。
      static java.lang.String STORE_DELAY_PROPERTY
      永続ストアを更新するまでのミリ秒単位の待機時間。
    • コンストラクタの概要

      コンストラクタ 
      コンストラクタと説明
      LocalDatastoreService() 
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド インスタンス メソッド 抽象メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと記述
      protected abstract void addActionImpl(TaskQueueAddRequest action)
      タスクキュー サービスで add メソッドを呼び出します。
      VoidProto addActions(Status status, TaskQueueBulkAddRequest request) 
      AllocateIdsResponse allocateIds(Status status, AllocateIdsRequest req) 
      Transaction beginTransaction(Status status, BeginTransactionRequest req) 
      void clearProfiles()
      メモリ内データストアを消去します。
      void clearQueryHistory()
      インデックスの生成に使用するクエリ履歴を消去します。
      CommitResponse commit(Status status, Transaction req) 
      Integer64Proto createIndex(Status status, CompositeIndex req) 
      DeleteResponse delete(Status status, DeleteRequest request) 
      VoidProto deleteCursor(Status status, Cursor request) 
      DeleteResponse deleteImpl(Status status, DeleteRequest request) 
      VoidProto deleteIndex(Status status, CompositeIndex req) 
      void enableScatterProperty(boolean enable) 
      GetResponse get(Status status, GetRequest request) 
      CreationCostAnalysis getCreationCostAnalysis(com.google.appengine.api.datastore.Entity e)
      このエンティティを作成するために必要なオペレーションのコスト分析を返します。
      java.lang.Double getDefaultDeadline(boolean isOfflineRequest) 
      CompositeIndices getIndices(Status status, StringProto req) 
      java.lang.Double getMaximumDeadline(boolean isOfflineRequest) 
      java.lang.String getPackage() 
      void init(java.io.File appDirectory, Clock clock, java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> properties) 
      void init(LocalServiceContext context, java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> properties) 
      QueryResult next(Status status, NextRequest request) 
      PutResponse put(Status status, PutRequest request) 
      PutResponse putImpl(Status status, PutRequest request) 
      VoidProto rollback(Status status, Transaction req) 
      QueryResult runQuery(Status status, Query query) 
      void setBackingStore(java.lang.String backingStore) 
      void setMaxQueryLifetime(int milliseconds) 
      void setMaxTransactionLifetime(int milliseconds) 
      void setNoStorage(boolean noStorage) 
      void setStoreDelay(int delayMs) 
      void start() 
      void stop() 
      VoidProto updateIndex(Status status, CompositeIndex req) 
      • クラス java.lang.Object

        clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • フィールドの詳細

      • PACKAGE

        public static final java.lang.String PACKAGE
        このサービスのパッケージ名。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • MAX_QUERY_LIFETIME_PROPERTY

        public static final java.lang.String MAX_QUERY_LIFETIME_PROPERTY
        クエリが「存続」できる時間。この時間が経過すると失効となります。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • MAX_TRANSACTION_LIFETIME_PROPERTY

        public static final java.lang.String MAX_TRANSACTION_LIFETIME_PROPERTY
        トランザクションが「存続」できる時間。この時間が経過すると失効となります。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • STORE_DELAY_PROPERTY

        public static final java.lang.String STORE_DELAY_PROPERTY
        永続ストアを更新するまでのミリ秒単位の待機時間。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • MAX_EG_PER_TXN

        public static final int MAX_EG_PER_TXN
        トランザクションのエンティティ グループの最大数。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • BACKING_STORE_PROPERTY

        public static final java.lang.String BACKING_STORE_PROPERTY
        データストアの読み取りと書き込みを行う場所。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • EMULATE_VNEXT_FEATURES

        public static final java.lang.String EMULATE_VNEXT_FEATURES
        データストアの vnext 機能をエミュレートする場合は true。これらの機能では、あらゆる場所で強整合性が必要となるため、このフラグが true の場合はカスタム HighRepJobPolicy ポリシーを使用できません。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • NO_INDEX_AUTO_GEN_PROP

        public static final java.lang.String NO_INDEX_AUTO_GEN_PROP
        true にすると、データストアで com.google.apphosting.utils.config.IndexesXmlReader#GENERATED_INDEX_FILENAME への書き込みが回避されます。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • NO_STORAGE_PROPERTY

        public static final java.lang.String NO_STORAGE_PROPERTY
        true にすると、データストアは「メモリ専用」モードになります。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • HIGH_REP_JOB_POLICY_CLASS_PROPERTY

        public static final java.lang.String HIGH_REP_JOB_POLICY_CLASS_PROPERTY
        HighRepJobPolicy を実装し、引数を持たないコンストラクタを持つクラスの完全修飾名。指定されない場合は DefaultHighRepJobPolicy を使用します。設定可能なプロパティについては、このクラスの javadoc を参照してください。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • FORCE_IS_HIGH_REP_PROPERTY

        public static final java.lang.String FORCE_IS_HIGH_REP_PROPERTY
        このプロパティが存在する場合、データストアは高レプリケーション ジョブポリシーとは独立して高レプリケーションとみなされます。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • INDEX_CONFIGURATION_FORMAT_PROPERTY

        public static final java.lang.String INDEX_CONFIGURATION_FORMAT_PROPERTY
        関連情報:
        定数フィールド値
      • AUTO_ID_ALLOCATION_POLICY_PROPERTY

        public static final java.lang.String AUTO_ID_ALLOCATION_POLICY_PROPERTY
        関連情報:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • LocalDatastoreService

        public LocalDatastoreService()
    • メソッドの詳細

      • addActionImpl

        protected abstract void addActionImpl(TaskQueueAddRequest action)
        タスクキュー サービスで add メソッドを呼び出します。

        サブクラスでこれをオーバーライドして、他のサービスを呼び出す適切なメソッドが使われるようにしてください。

      • clearProfiles

        public void clearProfiles()
        メモリ内データストアを消去します。これによって、ディスク上で永続化されたデータが消去されることはありません。
      • clearQueryHistory

        public void clearQueryHistory()
        インデックスの生成に使用するクエリ履歴を消去します。
      • init

        public void init(LocalServiceContext context,
                         java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> properties)
      • init

        public void init(java.io.File appDirectory,
                         Clock clock,
                         java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> properties)
      • start

        public void start()
      • stop

        public void stop()
      • setMaxQueryLifetime

        public void setMaxQueryLifetime(int milliseconds)
      • setMaxTransactionLifetime

        public void setMaxTransactionLifetime(int milliseconds)
      • setBackingStore

        public void setBackingStore(java.lang.String backingStore)
      • setStoreDelay

        public void setStoreDelay(int delayMs)
      • setNoStorage

        public void setNoStorage(boolean noStorage)
      • enableScatterProperty

        public void enableScatterProperty(boolean enable)
      • getPackage

        public java.lang.String getPackage()
      • get

        public GetResponse get(Status status,
                               GetRequest request)
      • put

        public PutResponse put(Status status,
                               PutRequest request)
      • putImpl

        public PutResponse putImpl(Status status,
                                   PutRequest request)
      • delete

        public DeleteResponse delete(Status status,
                                     DeleteRequest request)
      • addActions

        public VoidProto addActions(Status status,
                                    TaskQueueBulkAddRequest request)
      • deleteImpl

        public DeleteResponse deleteImpl(Status status,
                                         DeleteRequest request)
      • runQuery

        public QueryResult runQuery(Status status,
                                    Query query)
      • next

        public QueryResult next(Status status,
                                NextRequest request)
      • deleteCursor

        public VoidProto deleteCursor(Status status,
                                      Cursor request)
      • beginTransaction

        public Transaction beginTransaction(Status status,
                                            BeginTransactionRequest req)
      • commit

        public CommitResponse commit(Status status,
                                     Transaction req)
      • rollback

        public VoidProto rollback(Status status,
                                  Transaction req)
      • createIndex

        public Integer64Proto createIndex(Status status,
                                          CompositeIndex req)
      • updateIndex

        public VoidProto updateIndex(Status status,
                                     CompositeIndex req)
      • getIndices

        public CompositeIndices getIndices(Status status,
                                           StringProto req)
      • deleteIndex

        public VoidProto deleteIndex(Status status,
                                     CompositeIndex req)
      • allocateIds

        public AllocateIdsResponse allocateIds(Status status,
                                               AllocateIdsRequest req)
      • getDefaultDeadline

        public java.lang.Double getDefaultDeadline(boolean isOfflineRequest)
      • getMaximumDeadline

        public java.lang.Double getMaximumDeadline(boolean isOfflineRequest)
      • getCreationCostAnalysis

        public CreationCostAnalysis getCreationCostAnalysis(com.google.appengine.api.datastore.Entity e)
        このエンティティを作成するために必要なオペレーションのコスト分析を返します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境