DevAppServerFactory

com.google.appengine.tools.development

クラス DevAppServerFactory

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.tools.development.DevAppServerFactory


  • public class DevAppServerFactory
    extends java.lang.Object
    ウェブ アプリケーションの起動に使用できる新規の DevAppServers を作成します。
    • コンストラクタの概要

      コンストラクタ 
      コンストラクタと説明
      DevAppServerFactory() 
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド インスタンス メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと記述
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.io.File webXmlLocation, java.io.File appEngineWebXmlLocation, java.lang.String address, int port, boolean useCustomStreamHandler, boolean installSecurityManager, java.util.Collection<java.net.URL> classpath)
      ウェブ アプリケーションのカスタム クラスパスを持つ DevAppServer を新規に作成します。
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.io.File webXmlLocation, java.io.File appEngineWebXmlLocation, java.lang.String address, int port, boolean useCustomStreamHandler, boolean installSecurityManager, java.util.Collection<java.net.URL> classpath, boolean noJavaAgent)
      ウェブ アプリケーションのカスタム クラスパスを持つ DevAppServer を新規に作成します。
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.io.File webXmlLocation, java.io.File appEngineWebXmlLocation, java.lang.String address, int port, boolean useCustomStreamHandler, boolean installSecurityManager, java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> containerConfigProperties)
      サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.io.File webXmlLocation, java.io.File appEngineWebXmlLocation, java.lang.String address, int port, boolean useCustomStreamHandler, boolean installSecurityManager, java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> containerConfigProperties, boolean noJavaAgent)
      ウェブ アプリケーションのカスタム クラスパスを持つ DevAppServer を新規に作成します。
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.io.File externalResourceDir, java.lang.String address, int port)
      サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.io.File externalResourceDir, java.lang.String address, int port, boolean noJavaAgent)
      サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
      DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir, java.lang.String address, int port)
      サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
      • クラス java.lang.Object

        equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • コンストラクタの詳細

      • DevAppServerFactory

        public DevAppServerFactory()
    • メソッドの詳細

      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.lang.String address,
                                               int port)
        サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.io.File externalResourceDir,
                                               java.lang.String address,
                                               int port)
        サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        externalResourceDir - null でない場合、appDir の外部のリソース ディレクトリ。現在、このパラメータは無視されます。
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.io.File externalResourceDir,
                                               java.lang.String address,
                                               int port,
                                               boolean noJavaAgent)
        サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        externalResourceDir - null でない場合、appDir の外部のリソース ディレクトリ。現在、このパラメータは無視されます。
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        noJavaAgent - Java エージェントの検出を無効にするかどうか
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.io.File webXmlLocation,
                                               java.io.File appEngineWebXmlLocation,
                                               java.lang.String address,
                                               int port,
                                               boolean useCustomStreamHandler,
                                               boolean installSecurityManager,
                                               java.util.Collection<java.net.URL> classpath)
        ウェブ アプリケーションのカスタム クラスパスを持つ DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        webXmlLocation - フォーマットが http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd に準拠するファイルの場所。null の場合、デフォルトの /WEB-INF/web.xml が使用されます。
        appEngineWebXmlLocation - アプリエンジンの設定ファイル名。null の場合、デフォルトの /WEB-INF/appengine-web.xml が使用されます。
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        useCustomStreamHandler - true の場合、StreamHandlerFactory をインストールします。これは dev appserver の「通常の」動作です。しかし、Google のカスタム ハンドラおよび Selenium との互換性の問題があるため、テストの目的でこの機能を無効にすることもあります。
        installSecurityManager - dev appserver セキュリティ マネージャをインストールするかどうかを指定します。お使いのテスト環境にセキュリティ マネージャのインストールを阻む理由がない限り、true を引き渡すことを強くおすすめします。
        classpath - 当該テストおよびそれが依存するすべてのもの(つまり、アプリケーション全体)のクラスパス。
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.io.File webXmlLocation,
                                               java.io.File appEngineWebXmlLocation,
                                               java.lang.String address,
                                               int port,
                                               boolean useCustomStreamHandler,
                                               boolean installSecurityManager,
                                               java.util.Collection<java.net.URL> classpath,
                                               boolean noJavaAgent)
        ウェブ アプリケーションのカスタム クラスパスを持つ DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        webXmlLocation - フォーマットが http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd に準拠するファイルの場所。null の場合、デフォルトの /WEB-INF/web.xml が使用されます。
        appEngineWebXmlLocation - アプリエンジンの設定ファイル名。null の場合、デフォルトの /WEB-INF/appengine-web.xml が使用されます。
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        useCustomStreamHandler - true の場合、StreamHandlerFactory をインストールします。これは dev appserver の「通常の」動作です。しかし、Google のカスタム ハンドラおよび Selenium との互換性の問題があるため、テストの目的でこの機能を無効にすることもあります。
        installSecurityManager - dev appserver セキュリティ マネージャをインストールするかどうかを指定します。お使いのテスト環境にセキュリティ マネージャのインストールを阻む理由がない限り、true を引き渡すことを強くおすすめします。
        classpath - 当該テストおよびそれが依存するすべてのもの(つまり、アプリケーション全体)のクラスパス。
        noJavaAgent - Java エージェントの検出を無効にするかどうか
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.io.File webXmlLocation,
                                               java.io.File appEngineWebXmlLocation,
                                               java.lang.String address,
                                               int port,
                                               boolean useCustomStreamHandler,
                                               boolean installSecurityManager,
                                               java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> containerConfigProperties)
        サービスを開始する準備ができた DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        webXmlLocation - フォーマットが http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd に準拠するファイルの場所。null の場合、デフォルトの /WEB-INF/web.xml が使用されます。
        appEngineWebXmlLocation - アプリエンジンの設定ファイル名。null の場合、デフォルトの /WEB-INF/appengine-web.xml が使用されます。
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        useCustomStreamHandler - true の場合、StreamHandlerFactory をインストールします。これは dev appserver の「通常の」動作です。しかし、Google のカスタム ハンドラおよび Selenium との互換性の問題があるため、テストの目的でこの機能を無効にすることもあります。
        installSecurityManager - dev appserver セキュリティ マネージャをインストールするかどうかを指定します。お使いのテスト環境にセキュリティ マネージャのインストールを阻む理由がない限り、true を引き渡すことを強くおすすめします。
        containerConfigProperties - クラスパスの挿入を許可し、WEB-INF ディレクトリを必要としない設定を含む Map。テストでのみ必要です。
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
      • createDevAppServer

        public DevAppServer createDevAppServer(java.io.File appDir,
                                               java.io.File webXmlLocation,
                                               java.io.File appEngineWebXmlLocation,
                                               java.lang.String address,
                                               int port,
                                               boolean useCustomStreamHandler,
                                               boolean installSecurityManager,
                                               java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> containerConfigProperties,
                                               boolean noJavaAgent)
        ウェブ アプリケーションのカスタム クラスパスを持つ DevAppServer を新規に作成します。
        パラメータ:
        appDir - 実行されるウェブ アプリケーションの最上位のディレクトリ
        webXmlLocation - フォーマットが http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd に準拠するファイルの場所。null の場合、デフォルトの {appDir}/WEB-INF/web.xml が使用されます。
        appEngineWebXmlLocation - アプリエンジンの設定ファイル名。null の場合、デフォルトの {appDir}/WEB-INF/appengine-web.xml が使用されます。
        address - バインド先のアドレス
        port - バインド先のポート
        useCustomStreamHandler - true の場合、StreamHandlerFactory をインストールします。これは dev appserver の「通常の」動作です。しかし、Google のカスタム ハンドラおよび Selenium との互換性の問題があるため、テストの目的でこの機能を無効にすることもあります。
        installSecurityManager - dev appserver セキュリティ マネージャをインストールするかどうかを指定します。Java8 ランタイムでは、セキュリティ マネージャは必要ありません。
        containerConfigProperties - コンテナの追加設定
        noJavaAgent - Java エージェントの検出を無効にするかどうか
        戻り値:
        DevAppServer オブジェクト
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境