アプリケーション

com.google.appengine.tools.admin

クラス Application

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.tools.admin.Application
  • すべての実装インターフェース:
    com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication


    public class Application
    extends java.lang.Object
    implements com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
    App Engine アプリケーション。パスからの Applicationread、アップロードする AppAdmincreate、インデックスの作成や管理などを行えます。
    • ネストクラスの概要

      • 次のインターフェースから継承されたネストクラス / インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication

        com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication.ErrorHandler
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス メソッド 具象メソッド
      修飾子と型 メソッドと説明
      void cleanStagingDirectory()
      ステージング ディレクトリを削除します(作成されている場合)。
      java.io.File createStagingDirectory(com.google.appengine.tools.admin.ApplicationProcessingOptions opts, com.google.appengine.tools.admin.ResourceLimits resourceLimits)
      新しいステージング ディレクトリを作成するか(必要な場合)、既存のステージング ディレクトリを返します(作成済みの場合)。
      java.io.File createStagingDirectory(com.google.appengine.tools.admin.ApplicationProcessingOptions opts, com.google.appengine.tools.admin.ResourceLimits resourceLimits, java.io.File stagingDir)
      ユーザーが指定したステージング ディレクトリにデータを入力し、必要に応じてそのディレクトリを作成します。
      void exportRepoInfoFile()
      ソース コンテキスト ファイルをステージング ディレクトリの中に生成します。
      java.lang.String getApiVersion()
      現在のアプリケーションに必要な API バージョンを返します。どの API バージョンも使用されていない場合は "none" を返します。
      AppEngineWebXml getAppEngineWebXml()
      アプリケーションを記述する AppEngineWebXml を返します。
      java.lang.String getAppId()
      アプリケーション識別子を AppEngineWebXml 設定から返します。
      java.lang.String getAppYaml()
      app.yaml 文字列を返します。
      BackendsXml getBackendsXml()
      アプリケーションのバックエンドを記述する BackendsXml を返します。
      CronXml getCronXml()
      アプリケーションの cron ジョブを記述する CronXml を返します。
      DispatchXml getDispatchXml()
      このアプリケーションの DispatchXml 記述子(空の可能性もあります)を返します。何も設定されていない場合は null を返します。
      DosXml getDosXml()
      アプリケーションの DoS エントリを記述する DosXml を返します。
      java.util.List<com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication.ErrorHandler> getErrorHandlers()
      このアプリケーションのエラーハンドラのリストを返します。
      IndexesXml getIndexesXml()
      アプリケーションのインデックスを記述する IndexesXml を返します。
      java.lang.String getInstanceClass()
      アプリケーション インスタンス クラス名を返します。指定されていない場合は null を返します。
      java.lang.String getMimeTypeIfStatic(java.lang.String path)
      パスが静的コンテンツに対応している場合は MIME タイプを返し、それ以外の場合は null を返します。
      java.lang.String getModule()
      アプリケーション モジュール名を返します。指定されていない場合は null を返します。
      java.lang.String getPath()
      アプリケーションの展開済み WAR ディレクトリへのパスを返します。
      QueueXml getQueueXml()
      アプリケーションのタスクキューを記述する QueueXml を返します。
      java.lang.String getRuntime()
      現在のアプリケーションに必要なランタイムを返します。
      AppEngineWebXml getScrubbedAppEngineWebXml()
      Cloud SDK デプロイのための修正済み app.yaml。
      static java.io.File getSdkDocsDir() 
      static Version getSdkVersion() 
      java.io.File getStagingDir()
      ステージング ディレクトリを返します。作成されていない場合は null を返します。
      StagingOptions getStagingOptions(com.google.appengine.tools.admin.ApplicationProcessingOptions opts)
      グローバルなデフォルト、appengine-web.xml、およびフラグから、有効なステージング オプションを優先順位の昇順で取得します。
      java.lang.String getVersion()
      アプリケーションのバージョンを AppEngineWebXml 設定から返します。
      WebXml getWebXml()
      アプリケーションのサーブレットと一般的ウェブ アプリケーション情報を記述する WebXml を返します。
      static java.lang.String guessContentTypeFromName(java.lang.String fileName) 
      boolean isPrecompilationEnabled()
      このアプリケーションに対してプリコンパイルが有効化されているかどうかを返します。
      static Application readApplication(java.lang.String path)
      App Engine アプリケーションを path から読み取ります。
      static Application readApplication(java.lang.String path, com.google.appengine.tools.admin.RepoInfo.SourceContext sourceContext)
      App Engine アプリケーションを path から読み取ります。
      static Application readApplication(java.lang.String path, java.lang.String appId, java.lang.String module, java.lang.String appVersion)
      App Engine アプリケーションを path から読み取ります。
      static void recursiveDelete(java.io.File dead)
      再帰的ディレクトリ削除。
      void resetProgress() 
      void setDetailsWriter(java.io.PrintWriter detailsWriter) 
      void setExternalResourceDir(java.lang.String path)
      外部リソース ディレクトリを設定します。
      void setListener(UpdateListener l) 
      void statusUpdate(java.lang.String message) 
      void statusUpdate(java.lang.String message, int amount) 
      • クラス java.lang.Object から継承されたメソッド

        equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • メソッドの詳細

      • getSdkDocsDir

        public static java.io.File getSdkDocsDir()
      • getSdkVersion

        public static Version getSdkVersion()
      • readApplication

        public static Application readApplication(java.lang.String path)
                                           throws java.io.IOException
        App Engine アプリケーションを path から読み取ります。パスは WAR ファイルのこともあれば、展開済み WAR ディレクトリのルートのこともあります。
        パラメータ:
        path - null ではないパス。
        スロー:
        java.io.IOException - Application を読み取るときにエラーが発生した場合。
        com.google.apphosting.utils.config.AppEngineConfigException - Application's appengine-web.xml ファイルの形式が正しくない場合。
      • readApplication

        public static Application readApplication(java.lang.String path,
                                                  com.google.appengine.tools.admin.RepoInfo.SourceContext sourceContext)
                                           throws java.io.IOException
        App Engine アプリケーションを path から読み取ります。パスは WAR ファイルのこともあれば、展開済み WAR ディレクトリのルートのこともあります。
        パラメータ:
        path - null ではないパス。
        sourceContext - 明示的な RepoInfo.SourceContext。null の場合は、ソース コンテキストは現在のディレクトリから推定されます。
        スロー:
        java.io.IOException - Application を読み取るときにエラーが発生した場合。
        com.google.apphosting.utils.config.AppEngineConfigException - Application's appengine-web.xml ファイルの形式が正しくない場合。
      • setExternalResourceDir

        public void setExternalResourceDir(java.lang.String path)
        外部リソース ディレクトリを設定します。このメソッドは、createStagingDirectory(ApplicationProcessingOptions, ResourceLimits) の前に呼び出します。

        外部リソース ディレクトリとは、war ディレクトリの外にあり、追加ファイルが存在しているディレクトリのことです。ここにあるファイルはアップロード時にステージング ディレクトリにコピーされますが、war ディレクトリがその場所にコピーされた後にコピーされます。したがって、名前の競合がある場合は、外部リソース ディレクトリにあるファイルが残ります。

        パラメータ:
        path - 既存ディレクトリへの、null ではないパス。
        スロー:
        java.lang.IllegalArgumentException - path が既存のディレクトリを参照していない場合。
      • readApplication

        public static Application readApplication(java.lang.String path,
                                                  java.lang.String appId,
                                                  java.lang.String module,
                                                  java.lang.String appVersion)
                                           throws java.io.IOException
        App Engine アプリケーションを path から読み取ります。パスは WAR ファイルのこともあれば、展開済み WAR ディレクトリのルートのこともあります。
        パラメータ:
        path - null ではないパス。
        appId - null ではない場合は、これをアプリケーション ID オーバーライドとして使用します。
        module - null ではない場合は、これをモジュール ID オーバーライドとして使用します。
        appVersion - null ではない場合は、これをアプリケーション バージョン オーバーライドとして使用します。
        スロー:
        java.io.IOException - Application を読み取るときにエラーが発生した場合。
        com.google.apphosting.utils.config.AppEngineConfigException - Application's appengine-web.xml ファイルの形式が正しくない場合。
      • getAppId

        public java.lang.String getAppId()
        アプリケーション識別子を AppEngineWebXml 設定から返します。
        指定元:
        getAppId - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        アプリケーション識別子
      • getVersion

        public java.lang.String getVersion()
        アプリケーションのバージョンを AppEngineWebXml 設定から返します。
        指定元:
        getVersion - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        アプリケーションのバージョン
      • getModule

        public java.lang.String getModule()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        アプリケーション モジュール名を返します。指定されていない場合は null を返します。
        指定元:
        getModule - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • getInstanceClass

        public java.lang.String getInstanceClass()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        アプリケーション インスタンス クラス名を返します。指定されていない場合は null を返します。
        指定元:
        getInstanceClass - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • isPrecompilationEnabled

        public boolean isPrecompilationEnabled()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        このアプリケーションに対してプリコンパイルが有効化されているかどうかを返します。
        指定元:
        isPrecompilationEnabled - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        プリコンパイルの設定
      • getErrorHandlers

        public java.util.List<com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication.ErrorHandler> getErrorHandlers()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        このアプリケーションのエラーハンドラのリストを返します。
        指定元:
        getErrorHandlers - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        エラーハンドラ
      • getMimeTypeIfStatic

        public java.lang.String getMimeTypeIfStatic(java.lang.String path)
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        パスが静的コンテンツに対応している場合は MIME タイプを返し、それ以外の場合は null を返します。
        指定元:
        getMimeTypeIfStatic - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        mime-type, possibly null
      • guessContentTypeFromName

        public static java.lang.String guessContentTypeFromName(java.lang.String fileName)
        パラメータ:
        fileName - ファイルのパスと拡張子
        戻り値:
        ファイルの MIME タイプ(認識されない場合は application/octect-stream)
      • getAppEngineWebXml

        public AppEngineWebXml getAppEngineWebXml()
        アプリケーションを記述する AppEngineWebXml を返します。
        戻り値:
        null ではないデプロイ記述子
      • getScrubbedAppEngineWebXml

        public AppEngineWebXml getScrubbedAppEngineWebXml()
        Cloud SDK デプロイのための修正済み app.yaml。このメソッドは App Engine Classic デプロイに対しては呼び出されません。"stage" コマンドに対してのみ呼び出されます。モジュールをサービスに置き換えます。
        戻り値:
        null ではないデプロイ記述子
      • getCronXml

        public CronXml getCronXml()
        アプリケーションの cron ジョブを記述する CronXml を返します。
        指定元:
        getCronXml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        cron 記述子。空または null の可能性もあります。
      • getQueueXml

        public QueueXml getQueueXml()
        アプリケーションのタスクキューを記述する QueueXml を返します。
        指定元:
        getQueueXml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        キュー記述子。空または null の可能性もあります。
      • getDispatchXml

        public DispatchXml getDispatchXml()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        このアプリケーションの DispatchXml 記述子(空の可能性もあります)を返します。何も設定されていない場合は null を返します。
        指定元:
        getDispatchXml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • getDosXml

        public DosXml getDosXml()
        アプリケーションの DoS エントリを記述する DosXml を返します。
        指定元:
        getDosXml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        DoS 記述子。空または null の可能性もあります。
      • getIndexesXml

        public IndexesXml getIndexesXml()
        アプリケーションのインデックスを記述する IndexesXml を返します。
        指定元:
        getIndexesXml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        インデックス記述子。空または null の可能性もあります。
      • getWebXml

        public WebXml getWebXml()
        アプリケーションのサーブレットと一般的ウェブ アプリケーション情報を記述する WebXml を返します。
        戻り値:
        WebXml 記述子。空または null の可能性もあります。
      • getBackendsXml

        public BackendsXml getBackendsXml()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        アプリケーションのバックエンドを記述する BackendsXml を返します。
        指定元:
        getBackendsXml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        バックエンド記述子。空または null の可能性もあります。
      • getApiVersion

        public java.lang.String getApiVersion()
        現在のアプリケーションに必要な API バージョンを返します。どの API バージョンも使用されていない場合は "none" を返します。
        指定元:
        getApiVersion - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        スロー:
        java.lang.IllegalStateException - createStagingDirectory が呼び出し済みではない場合。
      • getRuntime

        public java.lang.String getRuntime()
        現在のアプリケーションに必要なランタイムを返します。
        指定元:
        getRuntime - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        スロー:
        java.lang.IllegalStateException - createStagingDirectory が呼び出し済みではない場合。
      • getPath

        public java.lang.String getPath()
        アプリケーションの展開済み WAR ディレクトリへのパスを返します。これは一時ディレクトリのこともあります。
        指定元:
        getPath - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        特定のディレクトリを指す、null ではないパス
      • getStagingDir

        public java.io.File getStagingDir()
        ステージング ディレクトリを返します。作成されていない場合は null を返します。
        指定元:
        getStagingDir - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • resetProgress

        public void resetProgress()
        指定元:
        resetProgress - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • getStagingOptions

        public StagingOptions getStagingOptions(com.google.appengine.tools.admin.ApplicationProcessingOptions opts)
        グローバルなデフォルト、appengine-web.xml、およびフラグから、有効なステージング オプションを優先順位の昇順で取得します。たとえば、フラグは appengine-web.xml の値より優先されます。
        パラメータ:
        opts - アプリケーションの処理に関する、ユーザー指定のオプション。
        戻り値:
        StagingOptions - 割り当て内の優先順位に関する完全なオブジェクト
      • createStagingDirectory

        public java.io.File createStagingDirectory(com.google.appengine.tools.admin.ApplicationProcessingOptions opts,
                                                   com.google.appengine.tools.admin.ResourceLimits resourceLimits)
                                            throws java.io.IOException
        新しいステージング ディレクトリを作成するか(必要な場合)、既存のステージング ディレクトリを返します(作成済みの場合)。
        指定元:
        createStagingDirectory - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        パラメータ:
        opts - アプリケーションの処理に関する、ユーザー指定のオプション。
        resourceLimits - クラウドによって定義されている、さまざまなリソース制限。
        戻り値:
        ステージング ディレクトリ
        スロー:
        java.io.IOException
      • createStagingDirectory

        public java.io.File createStagingDirectory(com.google.appengine.tools.admin.ApplicationProcessingOptions opts,
                                                   com.google.appengine.tools.admin.ResourceLimits resourceLimits,
                                                   java.io.File stagingDir)
                                            throws java.io.IOException
        ユーザーが指定したステージング ディレクトリにデータを入力し、必要に応じてそのディレクトリを作成します。
        指定元:
        createStagingDirectory - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        パラメータ:
        opts - アプリケーションの処理に関する、ユーザー指定のオプション。
        resourceLimits - クラウドによって定義されている、さまざまなリソース制限。
        stagingDir - ユーザー指定のステージング ディレクトリ(空であるか、存在していないことが必要です)
        戻り値:
        ステージング ディレクトリ
        スロー:
        java.io.IOException - ステージング ディレクトリの作成またはデータ入力時にエラーが発生した場合
      • exportRepoInfoFile

        public void exportRepoInfoFile()
        説明のコピー元インターフェース: com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        ソース コンテキスト ファイルをステージング ディレクトリの中に生成します。

        ソース ディレクトリが Git レポジトリにない場合やソース コンテキスト ファイルがすでに存在している場合は、何もしません。オペレーションが失敗した場合は、この関数はログに記録して処理を続行します。ソース コンテキスト ファイルを生成できなくてもデプロイがブロックされることはありません。

        指定元:
        exportRepoInfoFile - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • cleanStagingDirectory

        public void cleanStagingDirectory()
        ステージング ディレクトリを削除します(作成されている場合)。
        指定元:
        cleanStagingDirectory - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • recursiveDelete

        public static void recursiveDelete(java.io.File dead)
        再帰的ディレクトリ削除。
      • setListener

        public void setListener(UpdateListener l)
        指定元:
        setListener - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • setDetailsWriter

        public void setDetailsWriter(java.io.PrintWriter detailsWriter)
        指定元:
        setDetailsWriter - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • statusUpdate

        public void statusUpdate(java.lang.String message,
                                 int amount)
        指定元:
        statusUpdate - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • statusUpdate

        public void statusUpdate(java.lang.String message)
        指定元:
        statusUpdate - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
      • getAppYaml

        public java.lang.String getAppYaml()
        app.yaml 文字列を返します。
        指定元:
        getAppYaml - インターフェース com.google.appengine.tools.admin.GenericApplication
        戻り値:
        アプリケーション設定 yaml 文字列
        スロー:
        java.lang.IllegalStateException - createStagingDirectory が呼び出し済みではない場合。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境