開発環境の設定

Java 8 で開発するための環境を設定するには、次を行います。

  1. Java 8 の最新リリースをインストールします。

    サポートされているバージョンの一覧については Java 8 ランタイム環境をご覧ください。

  2. Cloud SDK をインストールし、初期化します。すでに Cloud SDK のインストールと初期化が完了している場合は、gcloud components update コマンドを実行して最新のリリースに更新します。

    Cloud SDK には、アプリのデプロイと管理に使用できる gcloud コマンドライン ツールが用意されています。

    Cloud SDK for App Engine をダウンロードすることで、Cloud SDK for App Engine の使用を規定する利用規約の各条項に従うことに同意したとみなされます。

    Cloud SDK をインストールし、初期化します

  3. Java 8 用の App Engine 拡張機能が含まれている gcloud コンポーネントをインストールします。

    apt または yum のパッケージ マネージャーを使用して Cloud SDK をインストールした場合は、同じパッケージ マネージャーを使用して gcloud コンポーネントをインストールします。

    それ以外の場合は、次のコマンドを使用します。

     gcloud components install app-engine-java
    

オプション ツールのインストール

Cloud Build に権限を付与する

アプリをデプロイするときに、App Engine は Cloud Build を使用してアプリをコンテナにビルドし、コンテナをランタイムにデプロイします。Cloud Build にはデフォルトでは Java 8 アプリをデプロイする権限がないため、プロジェクトにアプリをデプロイする権限を Cloud Build に付与する必要があります。