QueryTreeContext(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.search.query

クラス QueryTreeContext<T extends QueryTreeContext<T>>

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.search.query.QueryTreeContext<T>
  • 型パラメータ:
    T - 特定のツリー訪問者が使用する実際のクラス


    public abstract class QueryTreeContext<T extends QueryTreeContext<T>>
    extends java.lang.Object
    ウォーカーが使用する特定のクエリツリー コンテキストの基本クラス。このクラスは、ツリーの移動中に収集した追加情報を維持するために使用されます。このレベルでは、戻り値の型情報を収集するために使用されます。
    • メソッドの詳細

      • addChild

        public T addChild()
        戻り値:
        このコンテキストの子コンテキスト。
      • children

        public java.lang.Iterable<T> children()
        戻り値:
        すべての子コンテキストにわたって反復可能
      • getChildCount

        public int getChildCount()
        戻り値:
        子コンテキストの数
      • getChild

        public T getChild(int index)
        パラメータ:
        index - 取得する子のインデックス
        戻り値:
        指定されたインデックスの子コンテキスト
      • addReturnType

        public void addReturnType(QueryTreeContext.Type type)
        パラメータ:
        type - 現在の戻り値の型に追加される追加の型
      • setReturnType

        public void setReturnType(QueryTreeContext.Type type)
        パラメータ:
        type - このコンテキストに固有の戻り値の型
      • setReturnTypes

        public void setReturnTypes(java.util.Set<QueryTreeContext.Type> type)
        パラメータ:
        type - 唯一の戻り値の型として設定される型のセット
      • setInDisjunction

        public void setInDisjunction(boolean inDisjunction)
      • getReturnTypes

        public java.util.Set<QueryTreeContext.Type> getReturnTypes()
        戻り値:
        戻り値の型のセット
      • getCommonReturnTypes

        public java.util.Set<QueryTreeContext.Type> getCommonReturnTypes(T other)
        パラメータ:
        other - 型の検査対象となる他のコンテキスト
        戻り値:
        このコンテキストと他のコンテキストに共通の型のセット
      • isCompatibleWith

        public boolean isCompatibleWith(QueryTreeContext.Type returnType)
        パラメータ:
        returnType - このコンテキストの型に対してチェックされる型
        戻り値:
        少なくとも 1 つの型と互換性があるかどうか
      • setRewriteMode

        public void setRewriteMode(QueryTreeContext.RewriteMode mode)
        パラメータ:
        mode - このコンテキストによって表される値の書き換えモード
      • isFuzzy

        public boolean isFuzzy()
        戻り値:
        このコンテキストに関連付けられた値が書き換え可能かどうか
      • isStrict

        public boolean isStrict()
        戻り値:
        このコンテキストに関連付けられた値を書き換える必要があるかどうか
      • isPhrase

        public boolean isPhrase()
        戻り値:
        このコンテキストがフレーズ(引用符で囲んだテキスト)を表すかどうか
      • isFunction

        public boolean isFunction()
        戻り値:
        このコンテキストが関数を表すかどうか
      • isLiteral

        public boolean isLiteral()
        戻り値:
        このコンテキストがリテラル定数を表すかどうか
      • isField

        public boolean isField()
        戻り値:
        このコンテキストがドキュメントのフィールドを表すかどうかを返します
      • inDisjunction

        public boolean inDisjunction()
        戻り値:
        このコンテキストの最も低い祖先複合演算子(AND、OR)が分離の場合は true。
      • getText

        public java.lang.String getText()
        戻り値:
        このコンテキストに関連するテキストを設定します
      • setText

        public void setText(java.lang.String text)
        パラメータ:
        text - このコンテキストに関連するテキストを返します
      • toString

        public java.lang.String toString()
        オーバーライド:
        toString - クラス java.lang.Object
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境