PreGetContext(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.datastore

クラス PreGetContext

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.datastore.PreGetContext
  • すべての実装インターフェース:
    CallbackContext<Key>


    public final class PreGetContext
    extends java.lang.Object
    遮断された get() オペレーションに固有の具象 CallbackContext 実装。このクラスのインスタンスを受け取る PreGet でアノテーションされたメソッドは、setResultForCurrentElement(Entity) の呼び出しによって get() オペレーションの結果を変更できます。このメソッドから結果を受け取るキーは、データストアからフェッチされません。これは、キャッシュに保存された結果を挿入する効果的な方法です。
    • メソッドの詳細

      • setResultForCurrentElement

        public void setResultForCurrentElement(Entity entity)
        get() オペレーションの結果内で、getCurrentElement() によって返された Key に関連付けられる Entity を設定します。これにより、get() オペレーションはデータストアからエンティティをフェッチしなくなります。これは、キャッシュに保存された結果を挿入する効果的な方法です。
        パラメータ:
        entity - 現在の要素に結果として提供するエンティティ。
        スロー:
        java.lang.IllegalArgumentException - 提供されたエンティティのキーが getCurrentElement() によって返されたキーと等しくない場合。
      • getElements

        public java.util.List<T> getElements()
        指定元:
        インターフェース CallbackContext<T>getElements
        戻り値:
        コールバックをトリガーしたオペレーションに関連する要素の変更不可能なビュー。
      • getCurrentTransaction

        public Transaction getCurrentTransaction()
        指定元:
        インターフェース CallbackContext<T>getCurrentTransaction
        戻り値:
        現在のトランザクションまたは null(現在トランザクションが存在しない場合)。
      • getCurrentElement

        public T getCurrentElement()
        指定元:
        インターフェース CallbackContext<T>getCurrentElement
        戻り値:
        コールバックが呼び出された要素。getElements().getCurrentIndex() のショートカット。
      • toString

        public java.lang.String toString()
        オーバーライド:
        クラス java.lang. の toStringObject
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境