ImplicitTransactionManagementPolicy(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.datastore

列挙型 ImplicitTransactionManagementPolicy

  • すべての実装インターフェース:
    java.io.Serializable、java.lang.Comparable<ImplicitTransactionManagementPolicy>


    public enum ImplicitTransactionManagementPolicy
    extends java.lang.Enum<ImplicitTransactionManagementPolicy>
    暗黙のトランザクション管理のためにデータストアが従うことができるさまざまなポリシーについて説明します。使用するポリシーを決定するときは、次の点に留意してください。データストアは、オペレーションがトランザクションの一部でない場合、同じエンティティ グループへの同時更新によって失敗したオペレーションを自動的に再試行します。データストアは、オペレーションがトランザクションの一部である場合、同じエンティティ グループへの同時更新によって失敗したオペレーションを再試行せず、直ちに ConcurrentModificationException をスローします。同じエンティティ グループを更新するための同時試行が行われたときにアプリケーションがなんらかのインテリジェントなマージを実行する必要がある場合は AUTO、そうでない場合は NONE を使用できます。

    暗黙のトランザクション管理を実行するオペレーションのリストについては、DatastoreService をご覧ください。

    • 列挙型定数の概要

      列挙型定数 
      列挙型定数と説明
      AUTO
      現在のトランザクションがある場合はこれを使用し、そうでない場合はトランザクションを作成します。
      NONE
      現在のトランザクションがある場合はこれを使用し、そうでない場合はトランザクションなしで実行します。
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと説明
      static ImplicitTransactionManagementPolicy valueOf(java.lang.String name)
      指定された名前のこの型の列挙型定数を返します。
      static ImplicitTransactionManagementPolicy[] values()
      宣言された順でこの列挙型の定数を含む配列を返します。
      • クラス java.lang.Enum から継承されたメソッド

        compareTo, equals, getDeclaringClass, hashCode, name, ordinal, toString, valueOf
      • クラス java.lang.Object から継承されたメソッド

        getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
    • 列挙型定数の詳細

      • なし

        public static final ImplicitTransactionManagementPolicy NONE
        現在のトランザクションがある場合はこれを使用し、そうでない場合はトランザクションなしで実行します。
      • AUTO

        public static final ImplicitTransactionManagementPolicy AUTO
        現在のトランザクションがある場合はこれを使用し、そうでない場合はトランザクションを作成します。データストア オペレーションが正常に完了した場合は、メソッドが返す前にトランザクションが commit され、データストア オペレーションが正常に完了しなかった場合はロールバックされます。指定されたエンティティのタイプや数量に関係なく、1 つのトランザクションのみが作成されます。つまり、複数のエンティティ グループに属するエンティティをこれらのメソッドのいずれかに渡し、このポリシーを有効にすると、エンティティ グループ間でトランザクションが機能しないため、例外が発生します。
    • メソッドの詳細

      • values

        public static ImplicitTransactionManagementPolicy[] values()
        宣言された順でこの列挙型の定数を含む配列を返します。このメソッドは次のようにして定数を反復するために使用します。
        for (ImplicitTransactionManagementPolicy c : ImplicitTransactionManagementPolicy.values())
            System.out.println(c);
        
        戻り値:
        この列挙型の定数を含む、宣言された順の配列
      • valueOf

        public static ImplicitTransactionManagementPolicy valueOf(java.lang.String name)
        指定された名前のこの型の列挙型定数を返します。文字列は、この型で列挙型定数を表示する修飾子と完全に一致する必要があります(余分な空白文字は許可されません)。
        パラメータ:
        name - 返される列挙型定数の名前
        戻り値:
        指定された名前を持つ列挙型定数
        スロー:
        java.lang.IllegalArgumentException - この列挙型に指定された名前の定数がない場合
        java.lang.NullPointerException - 引数が null の場合
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境