FutureHelper(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.datastore

クラス FutureHelper

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.datastore.FutureHelper


  • public final class FutureHelper
    extends java.lang.Object
    同期データストア API で Futures を操作するためのユーティリティ。
    • コンストラクタの概要

      コンストラクタ 
      コンストラクタと説明
      FutureHelper() 
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと記述
      static <T> T quietGet(java.util.concurrent.Future<T> future)
      指定された Future の結果を返し、すべてのチェック例外を非チェック例外に変換します。これにより、呼び出し元はこれらの例外を処理する必要がありません。
      static <T,E extends java.lang.Exception>
      T
      quietGet(java.util.concurrent.Future<T> future, java.lang.Class<E> exceptionClass)
      指定された Future の結果を返し、指定された型の例外を除くすべてのチェック例外を非チェック例外に変換します。これにより、呼び出し元はこれらの例外を処理する必要がありません。
      • java.lang.Object

        equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • コンストラクタの詳細

      • FutureHelper

        public FutureHelper()
    • メソッドの詳細

      • quietGet

        public static <T> T quietGet(java.util.concurrent.Future<T> future)
        指定された Future の結果を返し、すべてのチェック例外を非チェック例外に変換します。これにより、呼び出し元はこれらの例外を処理する必要がありません。ExecutionException がスローされる場合は、原因が RuntimeException にラップされます。InterruptedException がスローされる場合は、DatastoreFailureException にラップされます。
        型パラメータ:
        T - 指定された Future の型。
        パラメータ:
        future - 返される結果を持つ Future。
        戻り値:
        指定された Future の結果。
      • quietGet

        public static <T,E extends java.lang.Exception> T quietGet(java.util.concurrent.Future<T> future,
                                                                   java.lang.Class<E> exceptionClass)
                                                            throws E extends java.lang.Exception
        指定された Future の結果を返し、指定された型の例外を除くすべてのチェック例外を非チェック例外に変換します。これにより、呼び出し元はこれらの例外を処理する必要がありません。ExecutionException がスローされて、原因の型が exceptionClass ではない場合は、原因が RuntimeException にラップされます。原因の型が exceptionClass である場合は、原因自体がスローされます。InterruptedException がスローされる場合は、DatastoreFailureException にラップされます。
        型パラメータ:
        T - 指定された Future の型。
        パラメータ:
        future - 返される結果を持つ Future。
        exceptionClass - この型の例外は再度スローされます。
        戻り値:
        指定された Future の結果。
        スロー:
        E - 適切な型の原因を含む ExecutionException がキャッチされた場合にスローされます。
        E extends java.lang.Exception
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境