DatastoreService.KeyRangeState(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.datastore

列挙型 DatastoreService.KeyRangeState

    • 列挙型定数の概要

      列挙型定数 
      列挙型定数と説明
      COLLISION
      指定された KeyRange 内のキーを持つエンティティがすでに存在し、この範囲への書き込みによってそれらのエンティティが上書きされることを示します。
      CONTENTION
      指定された KeyRange は空ですが、データストアの自動 ID アロケータがこの範囲の新しいエンティティ キーを割り当てる可能性があることを示します。
      EMPTY
      指定された KeyRange は空で、データストアの自動 ID アロケータはこの範囲のキーを新しいエンティティに割り当てないことを示します。
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと説明
      static DatastoreService.KeyRangeState valueOf(java.lang.String name)
      指定された名前のこの型の列挙型定数を返します。
      static DatastoreService.KeyRangeState[] values()
      宣言された順でこの列挙型の定数を含む配列を返します。
      • クラス java.lang.Enum から継承されたメソッド

        compareTo, equals, getDeclaringClass, hashCode, name, ordinal, toString, valueOf
      • クラス java.lang.Object から継承されたメソッド

        getClass, notify, notifyAll, wait, wait, wait
    • 列挙型定数の詳細

      • EMPTY

        public static final DatastoreService.KeyRangeState EMPTY
        指定された KeyRange は空で、データストアの自動 ID アロケータはこの範囲のキーを新しいエンティティに割り当てないことを示します。
      • CONTENTION

        public static final DatastoreService.KeyRangeState CONTENTION
        指定された KeyRange は空ですが、データストアの自動 ID アロケータがこの範囲の新しいエンティティ キーを割り当てる可能性があることを示します。ただし、次のいずれかに該当する場合は、この範囲の Keys を手動で割り当てても安全です。
        • この範囲のキーが手動で割り当てられているすべてのエンティティが書き込まれるまで、指定された KeyRange と同じ種類と親を持つエンティティが他のリクエストによって挿入されることはない。
        • 他のリクエストによって書き込まれた、指定された KeyRange と同じ種類と親を持つエンティティの上書きを許容できる。

        データストアの自動 ID アロケータは、既存のエンティティを上書きする新しいエンティティにキーを割り当てないため、範囲が設定されると競合はなくなります。

      • COLLISION

        public static final DatastoreService.KeyRangeState COLLISION
        指定された KeyRange 内のキーを持つエンティティがすでに存在し、この範囲への書き込みによってそれらのエンティティが上書きされることを示します。さらに、CONTENTION の問題もあります。この範囲に存在するエンティティの上書きを許容できる場合は、指定された範囲を使用しても安全です。

        データストアの自動 ID アロケータは、既存のエンティティを上書きする新しいエンティティにキーを割り当てないため、ユーザーによってこの範囲に書き込まれたエンティティが、自動的に割り当てられたキーを持つエンティティによって上書きされることはありません。

    • メソッドの詳細

      • values

        public static DatastoreService.KeyRangeState[] values()
        宣言された順でこの列挙型の定数を含む配列を返します。このメソッドは次のようにして定数を反復するために使用します。
        for (DatastoreService.KeyRangeState c : DatastoreService.KeyRangeState.values())
            System.out.println(c);
        
        戻り値:
        この列挙型の定数を含む、宣言された順の配列
      • valueOf

        public static DatastoreService.KeyRangeState valueOf(java.lang.String name)
        指定された名前のこの型の列挙型定数を返します。文字列は、この型で列挙型定数を表示する修飾子と完全に一致する必要があります(余分な空白文字は許可されません)。
        パラメータ:
        name - 返される列挙型定数の名前
        戻り値:
        指定された名前を持つ列挙型定数
        スロー:
        java.lang.IllegalArgumentException - この列挙型に指定された名前の定数がない場合
        java.lang.NullPointerException - 引数が null の場合
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境