DataTypeUtils(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.datastore

クラス DataTypeUtils

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.datastore.DataTypeUtils


  • public final class DataTypeUtils
    extends java.lang.Object
    DataTypeUtils は、ユーザーコードがデータストアにプロパティとして安全に格納できるクラスを判別できる、より簡単なインターフェースを提供します。

    現在、このリストには以下が含まれます。

    • StringStringBuffer 以外)。
    • すべての数値プリミティブ ラッパー(Byte から LongFloat および Double、ただし BigInteger または BigDecimal 以外)。
    • Key - 他の Entity オブジェクトへの参照を格納。
    • User - ユーザーへの参照を格納。
    • ShortBlob - インデックス付けできるサイズのバイナリデータを格納。つまり、このタイプのプロパティは、Blob のプロパティとは異なり、クエリでフィルタリングおよび並べ替えが可能。
    • Blob - 1 MB 未満のインデックス付けされていないバイナリデータを格納。
    • Text - 1 MB 未満のインデックス付けされていない文字列データを格納。
    • BlobKey - ユーザーがアップロードした blob(1 MB を超えることがある)への参照を格納。
    • Date
    • Link
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと記述
      static void checkSupportedValue(java.lang.Object value)
      指定されたオブジェクトを Entity プロパティの値として使用できない場合は、適切な説明を付けて例外をスローします。
      static void checkSupportedValue(java.lang.String name, java.lang.Object value)
      指定されたオブジェクトを Entity プロパティの値として使用できない場合は、適切な説明を付けて例外をスローします。
      static java.util.Set<java.lang.Class<?>> getSupportedTypes()
      サポートされている Class オブジェクトの変更不可能な Set を返します。
      static boolean isSupportedType(java.lang.Class<?> clazz)
      指定された Class をデータストアに格納できる場合にのみ true を返します。
      static boolean isUnindexableType(java.lang.Class<?> clazz)
      指定された Class にインデックスを付けることができない場合は true を返します。
      • クラス java.lang.Object

        equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • フィールドの詳細

      • MAX_STRING_PROPERTY_LENGTH

        public static final int MAX_STRING_PROPERTY_LENGTH
        これは、文字列プロパティに含めることができる最大バイト数です。文字列に含まれるバイト数がこれより多い場合は、Text でラップする必要があります。
        関連情報:
        定数フィールド値
      • MAX_SHORT_BLOB_PROPERTY_LENGTH

        public static final int MAX_SHORT_BLOB_PROPERTY_LENGTH
        これは、ShortBlob プロパティに含めることができる最大バイト数です。データがこれより大きい場合は、Blob を使用する必要があります。
        関連情報:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • checkSupportedValue

        public static void checkSupportedValue(java.lang.Object value)
        指定されたオブジェクトを Entity プロパティの値として使用できない場合は、適切な説明を付けて例外をスローします。
        スロー:
        java.lang.NullPointerException - 指定された値が null の場合
        java.lang.IllegalArgumentException - 型がサポートされていない場合、またはオブジェクトが他の方法で無効な場合
      • checkSupportedValue

        public static void checkSupportedValue(java.lang.String name,
                                               java.lang.Object value)
        指定されたオブジェクトを Entity プロパティの値として使用できない場合は、適切な説明を付けて例外をスローします。
        スロー:
        java.lang.NullPointerException - 指定された値が null の場合
        java.lang.IllegalArgumentException - 型がサポートされていない場合、またはオブジェクトが他の方法で無効な場合
      • isSupportedType

        public static boolean isSupportedType(java.lang.Class<?> clazz)
        指定された Class をデータストアに格納できる場合にのみ true を返します。
      • getSupportedTypes

        public static java.util.Set<java.lang.Class<?>> getSupportedTypes()
        サポートされている Class オブジェクトの変更不可能な Set を返します。
      • isUnindexableType

        public static boolean isUnindexableType(java.lang.Class<?> clazz)
        指定された Class にインデックスを付けることができない場合は true を返します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境