RetryParams(Google Cloud Storage 0.6 API の App Engine クライアント)

com.google.appengine.tools.cloudstorage

クラス RetryParams

  • すべての実装インターフェース:
    Serializable


    public final class RetryParams
    extends Object
    implements Serializable
    指数バックオフを設定するためのパラメータ。RetryHelper をご覧ください。最初のリクエストはすぐに実行されます。requestTimeoutMillis が指定され、その間に完了しない場合は、失敗と見なされます。リクエストが失敗した場合、呼び出しスレッドは initialRetryDelayMillis の間スリープします。その後失敗が発生すると、毎回、スリープ間隔は、次に示す時間の半分以上となり、かつこれを超えないように計算されます。
     initialRetryDelayMillis *  retryDelayBackoffFactor ^ NumFailures
    
    このことは、リクエストが成功するか、retryMaxAttempts が行われるか、または retryMinAttempts が行われ、かつ totalRetryPeriodMillis を経過するまで続きます。RetryParams をビルドするには、まず、RetryParams.Builder を作成します。ビルダーは変更可能で、パラメータはそれぞれ設定することができ、設定しなかったすべてのパラメータはデフォルトにフォールバックします。これにより、Builder を使用して不変の RetryParams オブジェクトを作成できるようになります。デフォルトの RetryParams には getDefaultInstance() を使用します。デフォルト設定はリリースごとに変更されることがあります。特定の設定が必要である場合、必要な設定を適用した RetryParams のインスタンスを明示的に作成します。
    関連情報:
    シリアル化されたフォーム
    • フィールドの詳細

      • DEFAULT_REQUEST_TIMEOUT_MILLIS

        public static final long DEFAULT_REQUEST_TIMEOUT_MILLIS
        関連情報:
        定数フィールド値
      • DEFAULT_REQUEST_TIMEOUT_RETRY_FACTOR

        public static final double DEFAULT_REQUEST_TIMEOUT_RETRY_FACTOR
        関連情報:
        定数フィールド値
      • DEFAULT_MAX_REQUEST_TIMEOUT

        public static final long DEFAULT_MAX_REQUEST_TIMEOUT
        関連情報:
        定数フィールド値
      • DEFAULT_INITIAL_RETRY_DELAY_MILLIS

        public static final long DEFAULT_INITIAL_RETRY_DELAY_MILLIS
        関連情報:
        定数フィールド値
      • DEFAULT_MAX_RETRY_DELAY_MILLIS

        public static final long DEFAULT_MAX_RETRY_DELAY_MILLIS
        関連情報:
        定数フィールド値
      • DEFAULT_RETRY_DELAY_BACKOFF_FACTOR

        public static final double DEFAULT_RETRY_DELAY_BACKOFF_FACTOR
        関連情報:
        定数フィールド値
      • DEFAULT_TOTAL_RETRY_PERIOD_MILLIS

        public static final long DEFAULT_TOTAL_RETRY_PERIOD_MILLIS
        関連情報:
        定数フィールド値
    • メソッドの詳細

      • getDefaultInstance

        public static RetryParams getDefaultInstance()
        デフォルト パラメータを使用するインスタンスを取得します。
      • getRetryMinAttempts

        public int getRetryMinAttempts()
        戻り値:
        retryMinAttempts
      • getRetryMaxAttempts

        public int getRetryMaxAttempts()
        戻り値:
        retryMaxAttempts
      • getInitialRetryDelayMillis

        public long getInitialRetryDelayMillis()
        戻り値:
        initialRetryDelayMillis
      • getMaxRetryDelayMillis

        public long getMaxRetryDelayMillis()
        戻り値:
        maxRetryDelayMillis
      • getRetryDelayBackoffFactor

        public double getRetryDelayBackoffFactor()
        戻り値:
        maxRetryDelayBackoffFactor
      • getTotalRetryPeriodMillis

        public long getTotalRetryPeriodMillis()
        戻り値:
        totalRetryPeriodMillis
      • getRequestTimeoutMillis

        public long getRequestTimeoutMillis()
        戻り値:
        requestTimeoutMillis
      • hashCode

        public int hashCode()
        オーバーライド:
        hashCode - クラス Object
      • equals

        public boolean equals(Object obj)
        オーバーライド:
        equals - クラス Object

Copyright © 2016 Google. All rights reserved.

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java 8 の App Engine スタンダード環境