GcsService(Google Cloud Storage 0.6 API の App Engine クライアント)

com.google.appengine.tools.cloudstorage

インターフェース GcsService



  • public interface GcsService
    Google Cloud Storage のファイルの作成とアクセスを許可します。このクラスは、GcsServiceFactory に渡された RetryParams を使用します。このクラスで提供されるすべてのメソッドで使用されます。RetriesExhaustedException はこれらの失敗を意味します。GcsOutputChannel への書き込み中に、セグメントの境界にまたがって RawGcsService に書き込まれる場合があるため、再試行ロジックはこのクラスの内部で処理されます。結果として、書き込み呼び出しが部分的に成功し、アプリケーション レベルでのエラー回復ができなくなります。Reading、deleting、gettingMetadata はべき等オペレーションです。ただし、対称性と利便性から、RetryParams はこれらの呼び出しにも適用されます。
    • メソッドの詳細

      • openReadChannel

        GcsInputChannel openReadChannel(GcsFilename filename,
                                        long startPosition)
                                 throws IOException
        実装によって、openReadChannel の呼び出し中にファイルが存在するかどうかがチェックされる場合や、最初のバイトがリクエストされたときにのみチェックされる場合があるので注意してください。バッファリングが必要な場合には、openPrefetchingReadChannel を呼び出します。
        スロー:
        IOException
      • openPrefetchingReadChannel

        GcsInputChannel openPrefetchingReadChannel(GcsFilename filename,
                                                   long startPosition,
                                                   int blockSizeBytes)
        openReadChannel と同じですが、これは、データをメモリにバッファし、必要になる前にプリフェッチして、大部分の読み取り呼び出しに対するブロックを回避します。一部のデータがローカルで使用可能(プリフェッチ)で、宛先のバッファのサイズが十分でない場合、返されたチャネルが部分的な埋め込みを行い、ブロックを回避します。データがローカルで使用可能でない場合には、返されたチャネルからの読み取りがブロックされます。
      • getMetadata

        GcsFileMetadata getMetadata(GcsFilename filename)
                             throws IOException
        パラメータ:
        filename - メタデータを読み取るファイルの名前。
        戻り値:
        ファイルのメタデータ。ファイルが存在しない場合には、null を返します。
        スロー:
        IOException - なんらかの理由でファイルを参照できない場合。
      • delete

        boolean delete(GcsFilename filename)
                throws IOException
        ファイルを削除します。
        戻り値:
        削除された場合には true、見つからなかった場合には false を返します。
        スロー:
        IOException
      • compose

        void compose(Iterable<String> source,
                     GcsFilename dest)
              throws IOException
        既存のファイルのリストを結合して、同じバケットに新しいファイルを作成します。
        パラメータ:
        source - 構成するファイル
        dest - 作成されたファイル
        スロー:
        IOException - なんらかの理由でファイルが作成されなかった場合
      • copy

        void copy(GcsFilename source,
                  GcsFilename dest)
           throws IOException
        指定された場所にファイルをコピーします。
        パラメータ:
        source - コピー元のファイル
        dest - コピー先のファイル
        スロー:
        IOException - なんらかの理由でファイルがコピーされなかった場合
      • update

        void update(GcsFilename source,
                    GcsFileOptions options)
             throws IOException
        指定されたオプションでファイルのメタデータを更新します。
        パラメータ:
        source - 更新するファイル
        options - 更新されたメタデータ
        スロー:
        IOException - なんらかの理由でオペレーションが失敗した場合
      • list

        ListResult list(String bucket,
                        ListOptions options)
                 throws IOException
        オブジェクトのリストを取得します。
        パラメータ:
        bucket - バケットの名前。
        options - 結果に入れる対象の方向(null にすることもできます)。
        スロー:
        IOException - リスト オペレーションが失敗した場合

Copyright © 2016 Google. All rights reserved.

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境