サービス間の通信

さまざまな方法を使用して、App Engine サービス間、または App Engine サービスと他のサービス(GCP サービスや外部アプリケーションなど)の間で通信を行えます。

App Engine サービスと通信する非常に簡単な方法は、URL にリソースの名前または ID を含めてターゲット設定した HTTP リクエストを送信することです。たとえば、次に示すように、対応する GCP プロジェクト ID に加えて、ターゲットにするサービスやバージョンの ID を含めることができます。

http://[VERSION_ID].[SERVICE_ID].[MY_PROJECT_ID].appspot.com
https://[VERSION_ID]-dot-[SERVICE_ID]-dot-[MY_PROJECT_ID].appspot.com

HTTPS URL の定義方法など、サービスをターゲットに設定する方法の詳細については、リクエストのルーティング方法をご覧ください。サービスと他の GCP サービスとの間のリクエストを承認するには、サービス アカウントを使用します。

データベースと App Engine アプリまたは他の外部アプリケーションとの間でデータを共有する場合は、データとファイル ストレージについてをご覧ください。スタンダード環境では、URL Fetch API を使用してサービスから別のサービスや外部エンドポイントにリクエストを渡すこともできます。

さらに、同じ GCP プロジェクト内にあるスタンダード環境のサービスで、次のタスクに対応する App Engine API のいずれかを使用することもできます。

  • 1 つの memcache インスタンスを共有する。
  • タスクキューによってサービス間で作業を割り当てて、共同で作業する。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境