サービス間の通信

リージョン ID

REGION_ID は、アプリの作成時に選択したリージョンに基づいて Google が割り当てる省略形のコードです。一部のリージョン ID は、一般的に使用されている国および州のコードと類似しているように見える場合がありますが、このコードは国または州に対応するものではありません。既存のアプリでは省略可能ですが、間もなく、新しいアプリのすべてにおいて App Engine の URL に REGION_ID.r を含めることが必須となる予定です。

移行がスムーズに行われるように、リージョン ID を使用するよう App Engine を徐々に更新しています。Google Cloud プロジェクトがまだ更新されていない場合、アプリにリージョン ID が表示されません。ID は既存のアプリでは省略可能なため、リージョン ID が既存のアプリで使用可能になったときに、URL を更新する、またはその他の変更を行う必要はありません。

詳しくは、リージョン ID をご覧ください。

App Engine サービス間や App Engine サービスと他のサービス(Google Cloud サービスや外部アプリケーションなど)間での通信には、多様な方法を使用できます。

App Engine サービスと通信する最も簡単な方法は、URL にリソースの名前または ID を含めてターゲット設定した HTTP リクエストを送信することです。たとえば、該当する Cloud プロジェクト ID に加え、サービスまたはバージョンの ID を含めてターゲット設定できます。


https://VERSION_ID-dot-SERVICE_ID-dot-PROJECT_ID.REGION_ID.r.appspot.com

HTTPS URL の定義方法など、サービスのターゲット設定の詳細については、リクエストのルーティング方法をご覧ください。サービスと他の Google Cloud サービスの間のリクエストを承認するには、サーバー間での本番環境アプリケーションの認証の設定をご覧ください。

データベースと、App Engine アプリや他の外部アプリケーションとの間でデータを共有するには、データとファイルの保存についてをご覧ください。スタンダード環境では、URL 取得 API を使用してサービスから別のサービスや外部エンドポイントにリクエストを渡すこともできます。

また、同じ Cloud プロジェクト内にあるスタンダード環境のサービスでは、App Engine API のいずれかを使用して次のタスクに対応することもできます。

  • 1 つの memcache インスタンスを共有する。
  • タスクキューでサービス間の作業を割り当てて、共同作業する。