App Engine でのアプリのビルド

シンプルな HTML や静的コンテンツの配信など、最も一般的な App Engine の機能を使用する方法と、ブログ プラットフォームでデータを操作する方法について学びます。

以降のページでは、よく利用されている App Engine サービスの基本機能について説明します。これらのガイドでは、他のシナリオでも利用可能な機能コードを使用します。

開発環境の設定
アプリケーション開発と Google App Engine Standard へのデプロイのためのビルド環境の設定方法について説明します。サポートされている Java 開発環境とビルド環境は、IntelliJ IDEA、Eclipse、Apache Maven、Gradle です。
静的コンテンツの配信
Google App Engine スタンダード環境から HTML ファイル、CSS、画像などの静的コンテンツを安全に配信する方法について説明します。
フォームデータの処理
HTTP の POST メソッドを使用する HTML フォームを作成して、ユーザーが用意したデータを Java サーブレットに送信する方法について説明します。
Cloud Datastore でのデータの保存
NoSQL データベースである Google Cloud Datastore で、ユーザーが送信したデータの保存、取得、削除を行う方法について説明します。
Cloud SQL でのデータの保存
Google Cloud SQL で、ユーザーが送信したデータの保存、取得、削除を行う方法について説明します。
非同期コードの実行
タスクキューを使用して非同期コード実行のスケジュールを設定します。また、App Engine の Image API を使用して、Cloud Storage に保存されたイメージを操作します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java 8 の App Engine スタンダード環境