ストレージ オプションの選択

App Engine アプリケーションでデータを格納する場合、複数のオプションがあります。

名前 ストラクチャ 整合性 料金
Google Cloud Datastore スキーマレス(NoSQL) グローバル クエリの実行時以外は強整合性 Google Cloud Datastore では、一定の割り当て量を無料で使用できます(1 日の使用量に制限があります)。有料アカウントの場合には、保存、読み取り、書き込みオペレーションを無制限で行うことができます。詳細については、データストアの割り当てをご覧ください。
Google Cloud SQL リレーショナル(MySQL 互換) 強整合性 Google Cloud SQL には、パッケージと従量制の 2 つの料金プランがあります。詳細については、Cloud SQL の価格表をご覧ください。
Google Cloud Storage ファイルと関連のメタデータ(クラウド上のファイル ストレージ) バケットやオブジェクトのリストを取得するリスト オペレーションの実行時を除いて強整合性 Google Cloud Storage の呼び出しは課金されません。ただし、Google Cloud Storage にデータを保存した場合には、通常の Google Cloud Storage データ保存料金がかかります。

Cloud Storage の料金については、Cloud Storage の価格表をご覧ください。

これらの方法は組み合わせて使用できます。たとえば、同じアプリケーションで Cloud SQL データベースに情報を保存し、Cloud Storage バケットにファイルを保存できます。

サードパーティ データベース

Redis や MongoDB、PostgreSQL、Cassandra、Hadoop など、さまざまなサードパーティ データベースをアプリケーションで利用できます。相互に接続可能であれば、言語でサポートされている任意のサードパーティ データベースを App Engine インスタンスで使用できます。

詳細については、サードパーティ データベースに接続するをご覧ください。

優先されるストレージ ソリューション

以下のソリューションは App Engine でサポートされますが、前述のオプションのほうが優先されます。

  • Blobstore API: Blobstore API よりも Google Cloud Storage の使用をおすすめします。
  • このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

    フィードバックを送信...

    Go の App Engine スタンダード環境