runtime パッケージ

import "google.golang.org/appengine/runtime"

はじめに

runtime パッケージは、アプリケーションのリソース使用状況に関する情報を公開します。また、モジュールの新しいバックグラウンド コンテキストでコードを実行する方法も提供します。

このパッケージは、App Engine フレキシブル環境では動作しません。

目次

func RunInBackground(c context.Context, f func(c context.Context)) error
type Statistics
    func Stats(c context.Context) (*Statistics, error)

func RunInBackground

func RunInBackground(c context.Context, f func(c context.Context)) error

RunInBackground は、そのプロセスのバックグラウンドの goroutine で f を実行します。f には、RunInBackground に提供されたコンテキストよりも長く存続するコンテキストが提供されます。これは、基本スケーリングまたは手動スケーリングに設定されたサービスからの呼び出しに対してのみ有効です。RunInBackground は、バックグラウンドのリクエスト内で、コンテキストの名前空間を保持しません。

type Statistics

type Statistics struct {
    // CPU records the CPU consumed by this instance, in megacycles.
    CPU struct {
        Total   float64
        Rate1M  float64 // consumption rate over one minute
        Rate10M float64 // consumption rate over ten minutes
    }
    // RAM records the memory used by the instance, in megabytes.
    RAM struct {
        Current    float64
        Average1M  float64 // average usage over one minute
        Average10M float64 // average usage over ten minutes
    }
}

Statistics は、システムの統計情報を表します。

func Stats

func Stats(c context.Context) (*Statistics, error)
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Go の App Engine スタンダード環境