一括メールのガイドライン

アプリケーションで一括メールを送信する、つまり同じようなメッセージを多数の受信者に送信する場合は、このガイドラインに従う必要があります。このガイドラインに従って、配信リストのすべての受信者について実際にメールの受信を希望しているか確認することで、Gmail ユーザーの受信トレイへの配信率を改善するのに役に立ちます。受信者が手動でメールを迷惑メールに分類すると、同じ送信者から Gmail にメールを送信しても迷惑メールに分類される可能性が高くなります。

メールの送信について詳しくは、Mail API の概要をご覧ください。

認証と識別

  • すべての一括メールに同じ送信者を使用します。Mail API 関数を呼び出してメールを送信すると、From ヘッダーは指定した送信者に設定されます。
  • 送信者のアドレスは、G Suite for Business ドメインのアカウントである必要があります。ドメインが無料試用期間中の場合や、ドメインにユーザーが 6 人未満しかいない場合、送信したメールが迷惑メールに分類されることが多すぎる Google アカウントは、一時的に無効になる場合があります。このような場合、Mail API は Unauthorized sender エラー メッセージとともに例外をスローします。
  • メールに DKIM で署名します。App Engine を使用して送信する場合は G Suite ドメインが必要です。
  • SPF レコードを公開し、スパマーがエンベロープ送信者アドレスを偽装してなりすますのを防ぎます。SPF は、エンベロープ送信者の DNS レコードに公開されている IP アドレスからメールが送信されていることを確認します。App Engine のエンベロープ送信者は apphosting.bounces.google.com ドメインにいるため、App Engine からのメールを配信するかどうか、SPF レコードでは判断できない場合があります。

登録

  • 配信リストの各ユーザーに、次のいずれかの方法でメールを受信するよう設定(オプトイン)してもらう必要があります。

    • 登録を要求するメールを送信する
    • ウェブフォーム上やソフトウェア内で手動でチェックボックスをオンにする
  • サードパーティから購入したメールアドレス リストを使用した場合、オプトインとはみなされません。また、デフォルトですべてのユーザーが登録されるように、ウェブフォーム上やソフトウェア内のチェックボックスを設定しないようにしてください。つまり、ユーザーが明示的にメール配信をオプトアウトする必要がないようにします。

  • ウェブフォーム上やソフトウェア内でチェックボックスをオンにして登録したユーザーが、フォームで指定したアドレスで実際にメールを受信しているか確認する必要があります。受信の確認を要求するメールを送信し、ユーザーを確認します。

登録解除

  • ユーザーが次のいずれかの方法で登録解除できるようにする必要があります。
    • メール内にわかりやすいリンクを用意し、リンクをクリックしたユーザーは登録解除の確認の操作だけを行えばよいようにする。
    • 返信でメールの登録解除をリクエストする。
  • App Engine は [APP_ID].appspotmail.com ドメインに送信されたメールのみ受信できます。そのため、メールの登録解除をリクエストする返信を App Engine で自動的に処理したい場合は、送信者をこのドメインのアドレスに設定する必要があります。
  • App Engine Mail API でサポートされている List-Unsubscribe ヘッダーを使用します。
  • メールが何度も返送される場合は、そのアドレスのユーザーを自動的に登録解除します。
  • 確認メールを定期的に送信し、登録しているメーリング リストから登録解除する機会を提示します。
  • ユーザーが他のアカウントからメールを転送する可能性があるので、登録されているメールアドレスをメール内に明示的に示します。

書式設定

  • RFC 2822 SMTP 規格に従って書式設定します。HTML を使用する場合は、w3.org 規格に従います。
  • メールの本当の送信者やメール内のウェブリンクの本当のランディング ページを隠そうとすると、配信されないことがあります。たとえば、一括メールには URL 短縮サービスを利用しないことをおすすめします。メール本文に記載されている本当の URL を隠してしまう場合があるためです。
  • 各メールには、本文の内容に関連した件名を付け、誤解を招くような件名は避けます。

配信

  • 次の条件に該当する場合、メールが Gmail ユーザーの受信トレイに配信されやすくなります。
    • From アドレスがユーザーの連絡先リストに登録されている。
    • ユーザーが [迷惑メールではない] をクリックして、そのアドレスから送信されたメールを承諾することを Gmail に通知する。
  • 組織に関連するプロモーション メールと取引メールの両方を送信する場合は、できるだけ目的ごとにメールを分けることをおすすめします。方法は以下のとおりです。
    • 用途ごとに別のメールアドレスを使用する。
    • 用途ごとに別のドメインからメールを送信する。

サードパーティ送信者

  • 自分のサービスを使用してメールを送信することを他者に許可する場合は、ユーザーやクライアントの動作をモニタリングする責任があります。迷惑メールの送信にサービスを使用しているユーザーやクライアントを適切なタイミングで停止する必要があります。Google Cloud Platform 利用規定では迷惑メールが明確に禁止されています。この規定に違反した場合、Google Cloud Platform 利用規約の規定に従って、アプリケーションが停止する場合があります。
  • ユーザーやクライアントが不正行為を報告するためのメールアドレスを用意する必要があります。通常は abuse@[YOUR_DOMAIN].com にします。postmaster@[YOUR_DOMAIN].com もモニタリングする必要があります。
  • アプリ管理者宛に送信されるメールをモニタリングします。Google は、利用規定違反を通知する場合などに、アプリ管理者に緊急に連絡を取る必要がある場合があります。Google からのメールに速やかにご返信いただければ、問題をより迅速に解決できます。
  • ドメイン登録事業者が管理している WHOIS レコードの連絡先情報や、abuse.net の連絡先情報を最新の状態に維持する必要があります。

アフィリエイト マーケティング プログラム

  • アフィリエイト マーケティング プログラムでは、サイトへのユーザー アクセスを促進した第三者に報酬が支払われます。これらのプログラムはスパマーを惹きつけ、役に立つどころか害になる可能性があります。次の点を考慮してください。
    • お客様のブランドがアフィリエイト マーケティングの迷惑メールと関わりを持つと、貴社や他のアフィリエイトが送信するメールに影響する可能性があります。
    • アフィリエイトをモニタリングし、迷惑メールを送信しているアフィリエイトを排除する責任があります。

App Engine Mail API に代わる方法

  • サードパーティのメール配信サービス プロバイダを利用して App Engine からメールを送信できます。これらのサービスは、Mail API では利用できない追加機能を提供している場合があり、一括メール送信者によっては優れた解決策となることがあります。
  • Sockets API を使用して、直接 SMTP サーバーに接続してメールを送信できます。

一括メールに関する制限事項

短期間に大量のメールを送信すると、Google セーフティ リミットにより、メールの一部が通知なく送信されない場合があります。これを避けるには、1 日の割り当てを 1 日の秒数である 86,400 で割り、1 秒に送信する平均メール数を計算します。1 秒にこの平均メール数の 50 倍を上回る数の一括メールを送らないようにしてください。

その他のメール送信に関する割り当てについて詳しくは、割り当て量と制限をご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Go の App Engine スタンダード環境