構成ファイルの編成

ここでは、App Engine 用のアプリのサービスと関連リソースを構造化する方法を説明します。

ディレクトリ構造

App Engine サービスの各バージョンは、app.yaml 構成ファイルで定義されています。単純なアプリでは、app.yaml ファイルを定義することがデプロイの最小要件になります。app.yaml ファイルは、デプロイ記述子の役割を果たし、特定のバージョンのサービスについて、スケーリング タイプや、CPU、ディスク、メモリの各リソースを定義します。複数のバージョンのサービスをデプロイする場合は、同じディレクトリ内に複数の yaml ファイルを作成して、各バージョンの構成を表せます。

ローカルで開発している場合は、アプリのルートにサービスごとに別個のディレクトリを作成できます。GitHub などのバージョン管理システム(VCS)から取得したアプリをホストする場合は、サービスごとにリポジトリ内の別個のディレクトリを使用するように、または別個のリポジトリを使用するように、アプリを構造化することもできます。各ディレクトリまたはリポジトリは、1 つのサービスを表し、そのサービスの app.yaml ファイルと関連するソースコードを含んでいる必要があります。

各サービスの app.yaml ファイルに一意の名前を指定することもできます。たとえば、構成ファイルにサービスを表す名前を付けたり、特定のサービスの各バージョンを表す一意の名前(service1.yamlapp.flexible.yaml など)を使用したりできます。

その他のオプションの構成ファイルは、アプリの default サービスのルート ディレクトリまたはリポジトリに配置する必要があります。これらのオプションの構成ファイルは、特定のサービスに固有でないアプリ全体の設定を適用するもので、dispatch.yamlindex.yamlcron.yaml ファイルなどがあります。

以下の例は、アプリをローカルで開発している場合に、3 つのサービスを含むアプリがどのような構造になるかを示しています。オプションの dispatch.yaml は、そのアプリのルート ディレクトリに追加されています。また、ルートには、アプリの各サービスに対応する 3 つのディレクトリがあります。service1 のサブディレクトリには、そのサービスのソースファイルと構成ファイルが含まれています。同様に、service2service3 は別々のディレクトリにあり、各ディレクトリに各サービスのファイルが含まれていますが、service3 には YAML 構成ファイルの 2 つのバージョンが含まれています。

YAML サービスの階層グラフ

単一サービスのアプリの場合、そのアプリには default サービスのみが含まれ、すべてのファイルを同じディレクトリ(そのアプリのルート)に配置できます。次の例は、単一サービスのアプリが取り得る構造を示しています。これには、オプションの dispatch.yaml 構成ファイルと、そのサービスの異なるバージョンを表す 2 つの構成ファイル(service1.yamlservice2.yaml)が含まれています。

小さい YAML サービスの階層グラフ

インスタンスの稼働率に関する設計上の考慮事項

ハードウェアやソフトウェアの障害のため、事前の警告なくインスタンスが途中で終了したり頻繁に再起動したりする場合があり、このような障害の解決に長い時間がかかることもあります。アプリケーションはこのような障害に対処できる必要があります。

インスタンスの再起動によるダウンタイムを回避するには、次のような手法が効果的です。

  • インスタンスの再起動や新規インスタンスの起動にかかる時間を短縮する。
  • 長時間実行される計算では、チェックポイントを定期的に作成して、その状態から再開できるようにする。
  • アプリを「ステートレス」にして、インスタンスに何も格納されないようにする。
  • 非同期タスクの実行時にキューを使用する。
  • 手動スケーリングに対応するようにインスタンスを構成する場合:
    • 複数のインスタンス間で負荷分散を行う。
    • 通常のトラフィックの処理に必要な数よりも多くのインスタンスを構成する。
    • 手動スケーリング インスタンスが使用不可の場合にキャッシュ内の結果を使用するよう、フォールバック ロジックを作成する。

インスタンスの詳細については、インスタンスの管理方法をご覧ください。

default サービス

すべての App Engine アプリケーションには default サービスが含まれています。アプリの初期バージョンを default サービスにデプロイする必要があります。その後、追加のサービスを作成してアプリにデプロイできます。

default サービスは、app.yamlservice: default の設定を使用して指定できます(この設定は任意です)。

GCP プロジェクトを使用するアプリへのリクエストの送信は、default サービスに送信されます(例: https://[PROJECT_ID].appspot.com)。他のサービスを対象とする方法の詳細については、サービス間の通信をご覧ください。

オプションの構成ファイル

以下の構成ファイルを使用すると、個々のアプリに含まれるすべてのサービスに適用されるオプション機能を制御できます。各オプション機能の詳細については、以下をご覧ください。

データとファイルの保存に関する考慮事項

App Engine から、Cloud DatastoreCloud SQLCloud Storage といった他の GCP サービスに簡単にアクセスできます。

外部またはサードパーティのデータベースがご使用の言語でサポートされ、App Engine インスタンスからアクセスできる場合は、そのデータベースを使用することもできます。

ファイルを GCP または外部に保存する方法の詳細については、データとファイルの保存についてをご覧ください。

静的コンテンツの提供方法を選択することもできます。App Engine 内のアプリからそのアプリの静的コンテンツを直接提供したり、Cloud Storage などの GCP オプションで静的コンテンツをホストしたり、サードパーティのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を使用したりできます。静的コンテンツの提供方法の詳細については、静的ファイルの提供をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

PHP の App Engine フレキシブル環境に関するドキュメント