仮想 IP(VIP)から Server Name Indication(SNI)への移行

ここ数年、SNI はほぼ一般的なものとなってきました。そのような状況を受けて、App Engine 用の VIP サービス、つまり SSL 証明書を使用してカスタム ドメインのトラフィックを保護する手法は、段階的に廃止されることになりました。

終了スケジュール

API またはサービスが正式に削除される場合、非推奨になってからの経過措置があります。

次の表に、VIP サービス終了(サポート終了)のスケジュールを示します。

終了日 終了事項
2016 年 5 月 31 日 VIP の新規購入が停止されました。利用中のお客様に対して、VIP の請求が行われなくなりました(最大で 12 か月間無料で利用できました)。
2016 年 9 月 28 日 VIP とアプリケーション間でのマッピングの更新が行われなくなりました。設定がロックされ、アプリケーションに提供されている VIP を変更できなくなりました。
2017 年 6 月 すべての VIP が SNI に移行されました。SNI サービスは無料で利用でき、Google Cloud Platform Console で構成できます。すでに SNI を使用している場合、特に対応する必要はありません。

お問い合わせ先

ご質問やご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine ドキュメント