フレキシブル環境用 Python 3.4 の終了

App Engine フレキシブル環境用 Python 3.4 ランタイムは、2019 年 3 月 29 日をもって提供終了となります。この日以降、Python バージョン 3.4 のデプロイをリクエストしても、App Engine フレキシブル環境にデプロイされません。

2019 年 3 月 29 日より前に、新しいバージョンの Python に更新する必要があります。それにより、Python 言語コミュニティの Python 3.4 のサポート終了によるセキュリティ リスクが回避されます。

新しい Python バージョンへの移行

新しいバージョンの Python に移行するには:

  1. gcloud コマンドを呼び出して最新の更新を適用し、Cloud SDK を更新します。

    gcloud components update
  2. 次のように、アプリケーションのすべてのバージョンapp.yaml を更新します。

    runtime_config:
      python_version: 3
    

    3 は最新バージョンの Python を使用することを意味します。Python 3.5.5 を使用する場合は 3.5、Python 3.6.4 を使用する場合は 3.6 と指定します。

  3. 必要なコードの変更については、Python のドキュメントをご覧ください。3.5 の新機能3.6 の新機能では、新しいバージョンで導入された変更の概要を紹介しています。

  4. アプリケーションをデプロイします。これは新たな変更を反映させるために必要です。

お問い合わせ先

アプリケーションの移行で問題が発生した場合、サポート パッケージを購入している方であれば、通常のサポート チャネルを通じてサポートを受けることができます。サポート パッケージがない場合は、Python 3.4 のサポート終了に関する通知メールに返信してください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine ドキュメント