Google Cloud API

Google Cloud APIs は、Google Cloud Platform サービスへのプログラマティック インターフェースです。Google Cloud Platform の重要な部分であり、コンピューティングからネットワーキング、ストレージ、機械学習ベースのデータ分析まで、あらゆる機能を簡単にアプリケーションへ追加できます。

Cloud APIs について

Cloud APIs は、Cloud Pub/Sub API などのネットワーク API サービスとして公開されます。各 Cloud API は通常、googleapis.com の 1 つ以上のサブドメイン(pubsub.googleapis.com など)で動作し、公共のインターネットと Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークを介して、JSON HTTP と gRPC の両方のインターフェースをクライアントに提供します。クライアントは、HTTP および gRPC リクエストを Cloud API エンドポイントに直接送信するか、クライアント ライブラリを使用して送信できます。

使用可能な Cloud APIs を確認するには、Google Cloud Console API ライブラリの Google Cloud API をご覧ください。

Cloud API へのアクセス

Cloud API には、多くの一般的なプログラミング言語でのクライアント ライブラリを使用してサーバー アプリケーションからアクセスできます。Firebase SDK を介してモバイルアプリから、またはサードパーティのクライアントを使用してアクセスすることもできます。Cloud APIs には、Google Cloud SDK ツールまたは Google Cloud Console からアクセスすることもできます。

Cloud APIs を初めて使用する場合は、Cloud APIs の使用方法についてスタートガイドをご覧ください。

HTTP と gRPC のサポート

すべての Cloud APIs では、直接、または Google API クライアント ライブラリ経由で呼び出すことができるシンプルな JSON HTTP インターフェースが提供されています。ほとんどの Cloud APIs には、gRPC インターフェースも提供されており、Google Cloud クライアント ライブラリ経由で呼び出すことができ、パフォーマンスとユーザビリティを向上させます。サードパーティのクライアントを使用することもできます。

クライアント ライブラリについて詳しくは、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

TLS 暗号化

すべての Cloud APIs は、TLS 暗号化を使用した安全なリクエストのみを受け入れます。

  • Google のクライアント ライブラリを使用している場合、転送データの暗号化はライブラリによって処理されます。
  • 独自の gRPC クライアントを使用している場合は、gRPC 認証ガイドにある手順に沿って Google による認証(TLS が必要です)を行う必要があります。
  • 独自の HTTP クライアントを作成する場合は、HTTP ガイドラインをご覧ください。

Google Cloud サービスへのトラフィックを保護する方法については、転送での暗号化のセキュリティ ガイドをご覧ください。

Private Service Connect

セキュリティやコンプライアンス上の理由から、企業のお客様が Cloud APIs に限定公開でのアクセスを必要とされる場合がよくあります。Private Service Connect を使用すると、VPC ネットワーク内でこのようなアクセスを設定、管理できます。

詳細については、Private Service Connect の構成をご覧ください。

API 設計ガイド

インターフェースのタイプに関係なく、すべての Cloud APIs では API 設計ガイドで説明されているリソース指向の設計原則が使用されます。これにより、Cloud APIs はシンプルで一貫したデベロッパー エクスペリエンスを実現できます。 Cloud APIs についての理解を深めるには、Google の API 設計ガイドをご覧ください。

Cloud APIs のインターフェースの定義については、GitHub の Google API リポジトリをご覧ください。

使用の上限設定

Cloud API は、何百万人ものデベロッパーとユーザーで共有されています。使用量についての公平性を確保し、不正行為のリスクを最小化するため、すべての Cloud API で使用量に対するレート上限と、一般的に割り当てと称されるリソース割り当てが適用されます。これらの割り当てを使用して、独自の割り当て上限を低減することで、Google Cloud プロダクトの費用を管理することもできます。デフォルトの上限を超える割り当てが必要な場合は、割り当ての増加リクエストを送信する必要があります。

詳しくは、API 使用の上限設定をご覧ください。

使用状況をモニタリング

ほとんどの Cloud API では、トラフィック レベル、エラー率、レイテンシなど、プロジェクトでの API の使用状況に関する詳細情報が提供されます。Cloud API を使用するアプリケーションで、問題をすばやく優先順位付けるのに役立ちます。この情報は、Google Cloud Console の Google Cloud API ダッシュボードで確認できます。また、Cloud Monitoring でカスタム ダッシュボードやアラートを作成することもできます。

詳細については、API 使用状況のモニタリングをご覧ください。

Google Enterprise API

Google Enterprise API は安定性の高い API で、サポート オプションも用意されており、企業ですぐに利用可能です。

詳しくは、Google Enterprise API をご覧ください。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料で開始