API が 2020 年にデジタル トランスフォーメーションを推進してきた方法と、2021 年にこれまで以上に重要になる理由をご紹介します。レポートを取得

ジャンプ先

Apigee Sense で API を保護する

API を攻撃から保護するインテリジェントな挙動検出。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    ボット攻撃から API を保護

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    疑わしい API の挙動を識別して管理者に警告

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    将来の攻撃に備えて保護を自動化

利点

インテリジェントな API セキュリティ

取得した API メタデータから呼び出しパターンを分析し、アルゴリズムを使用して自律的に異常を検出します。

挙動検出

Google の分析エンジンは、メタデータを調べ、すべてのクライアント リクエストの特性を明らかにし、API 階層の脅威パターンの検出など、リクエストのパターンが疑わしいクライアントにフラグを立てて、バックグラウンドの挙動のモニタリングを行います。

API 保護

疑わしいクライアントが発見されるとアラートが送信され、管理者はそれを受けてポリシーの実装を決定できます。Apigee Sense は、バックグラウンドで実行されている管理者ルールに基づいて脅威への対応を自動化します。

主な機能

攻撃から API を保護

高度なリスク分析

ボット分析、傾向、実用的なインテリジェンスを提供する視覚的なダッシュボード。

自動化されたリスク軽減機能

ボットのブロック、スロットリング、捕獲などの構成可能な対策処置。

完全な API セキュリティ ソリューション

API トラフィックを保護する、包括的なワンストップ API セキュリティ インフラストラクチャ。

データドリブンなリスクモデル

膨大な数の API 呼び出しをモニタリングし、異常を識別して不正なボットパターンを発見します。

ドキュメント

Apigee Sense のリソースとドキュメントを検索する

クイックスタート
Apigee Sense を使ってみる

Apigee Sense の詳細と起動して実行する方法を学びます。

ベスト プラクティス
不審なアクティビティに対処する

Apigee コンソールでリクエストを許可、ブロック、報告する方法をご覧ください。

料金

Apigee Sense の料金

Apigee では、お客様が試験運用中でもデジタル変革プログラムを推進している場合でも、API 導入のどの段階にいるか関係なく、シンプルかつ柔軟な料金オプションを提供します。