マイクロサービスを最大限に活用する

API 管理とサービス メッシュで複雑さを軽減し、価値を高めます。

マイクロサービスは、企業にこれまでにない俊敏性をもたらします。開発チームが新しい機能やサービスの構築を並行して行えるようになり、イノベーションが加速するためです。しかし、こうした利点の一方で、システムの複雑性が増すことも事実です。多くのチームが増大するマイクロサービス ネットワークの接続、保護、モニタリングに負担を感じています。また、作成した有用なマイクロサービスのチーム外利用が増加することに伴う困難も存在します。

Apigee の最新の電子書籍では、複数の企業で、こうしたマイクロサービスの課題をどのように解決しているかをご紹介します。

Istio や API 管理のようなサービス メッシュを使って、複雑なマイクロサービスのネットワークを管理しつつ、マイクロサービスの価値を拡大し、他のチーム、デベロッパー、パートナーが利用できるようにする方法を解説します。

マイクロサービスを最大限に活用する

内容

  • 組織がマイクロサービス アーキテクチャに負担を感じる理由を把握します
  • API によって、マイクロサービスの価値がどのように拡大し、また共有されるかを確認します
  • 複雑なマイクロサービスを管理し、安全に利用を増やすには、サービス メッシュと API 管理の両方が必要となる理由を説明します

電子書籍のダウンロードにあたっては、フォームへのご記入をお願いします。同時にメールでもコピーをお送りいたします。

電子書籍をダウンロード

必須
必須
有効なメールアドレスを入力してください
必須
必須