Apigee ハイブリッド

API 管理におけるハイブリッド デプロイの選択。

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    API トラフィックをホストする場所を選択する(オンプレミス、Google Cloud、ハイブリッド)

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    オンプレミスと Apigee クラウドの利点を最大限に活用する

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    エンタープライズ クラスのハイブリッド ゲートウェイを活用する

利点

デプロイの柔軟性を実現する

Apigee ハイブリッドでは、ランタイムを管理、制御できるので、ゲートウェイを API トラフィックの近くに配置し、既存のコンプライアンス、ガバナンス、セキュリティ インフラストラクチャを利用できます。

クラウド イノベーションを解き放つ

Apigee のクラウド機能(オンプレミスのランタイム デプロイメントも含む)を活用し、Apigee ハイブリッドのライフサイクル全体の API 管理機能と組み合わせて、強力な API プログラムを構築します。

管理とスケーリングが簡単

API ランタイム デプロイメントのスケーラビリティを確保し、安全に管理するために、Apigee ハイブリッド ランタイムはコンテナ化されています。GKE の資源効率と自動化されたオペレーションにより、API ランタイムを簡単に管理、スケーリングできます。

主な機能

ハイブリッドの柔軟性を高める

お客様が管理するランタイム プレーン

ランタイム プレーンを、オンプレミスかクラウド管理の Kubernetes でホスト、管理、制御できます。ランタイム プレーンが API トラフィックを処理し、鍵管理システム、OAuth、証明書などのランタイム コンポーネントを自ら管理することが可能になります。

Apigee 管理プレーン

Apigee の API ライフサイクル管理機能を、Google Cloud でホストおよび管理される全 API に活用できます。2 つのプレーンの定期的な同期により、プロキシ、プロダクト、共有フロー、その他のランタイム固有の構成が常に最新の状態に保たれます。

統合サービス

Apigee ハイブリッドは、Identity and Access Management(IAM)、リソース階層とサービス アカウント、オペレーション スイートを含む Google Cloud サービスと統合します。

ドキュメント

Apigee ハイブリッドのリソースとドキュメントを検索する

Google Cloud の基礎
Apigee ハイブリッドとは

Apigee Hybrid の詳細について説明します。

クイックスタート
Apigee ハイブリッドをインストールして構成する

Apigee ハイブリッドを導入するために必要なことをすべて説明します。

料金

Apigee ハイブリッドの料金

Apigee では、お客様が試験運用中でもデジタル変革プログラムを推進している場合でも、API 導入のどの段階にいるか関係なく、シンプルかつ柔軟な料金オプションを提供します。