全体像

Apigee ハイブリッドは、次の 3 つのパートからなるプロセスです(実際には、2 つのパートとその後の作業のパート)。

パート 1:
Google Cloud と UI の構成

Google Cloud とハイブリッド UI を使用してプロジェクトと組織を設定します。

前提条件:

  • gcloud CLI がインストールされていること
  •  

結果:

  • Google Cloud アカウントとプロジェクトを作成した
  • API を有効にした
  • 組織を作成した
  • 環境と環境グループを作成した
  •  

1: 構成

パート 2:
ランタイムのインストール

このクイックスタートを使用して、クラスタにランタイムをインストールします。

前提条件:

結果:

  • Kubernetes クラスタを作成しました
  • cert-manager と Anthos Service Mesh(ASM)をインストールして設定しました
  • apigeectl をインストールし、ローカルに Apigee ディレクトリ構造を設定しました
  • 必要なサービス アカウントを作成しロールを割り当てました
  • Apigee インスタンスをカスタマイズしました
  • Synchronizer アクセスを設定しました
  • Apigee ランタイムをインストールしました
  •  

2: インストール

インストール後:
テスト

すべてが正常に動作していることを確認する

前提条件:

結果:

  • 新しいプロキシを作成してデプロイした
  • デプロイ ステータスを確認した
  •  
  •  
  •  

3: テスト