プロキシの保護

Apigee X のドキュメントを表示中です。
Apigee Edge のドキュメントを表示する。

API セキュリティには、API へのアクセス制御、悪意のあるメッセージ コンテンツに対する保護、暗号化された機密データへのランタイム時のアクセスとマスク、バックエンド サービスの直接アクセスからの保護、その他の重要な安全保護対策が含まれます。

OAuth ホーム

入門トピック、例、ハウツー トピックへのリンクが用意されています。

SAML ポリシーの使用

Apigee の SAML に対するサポートの概要と、必要なポリシーへのポインタを確認できます。

データのマスキングと非表示

クレジット カード番号や健康情報などの機密データをマスクする方法を確認できます。

ラスト ワンマイル セキュリティ

バックエンド リソースに対する脅威から保護する方法を確認できます。

API キー

非常に単純な形式のアプリベースのセキュリティである API キーの操作の概要を説明します。

コンテンツ ベースのセキュリティ

コンテンツによって持ち込まれる脅威から API を保護するために使用できる Apigee のポリシーについて説明します。

Key-Value マッププロパティ セット

認証情報、秘密鍵、トークンなど、ランタイムに取得するため API プロキシ ロジックにハードコードされていないデータを格納する