Cloud Run for Anthos

Anthos と統合された Cloud Run を使用することで、Kubernetes とサーバーレス環境を合わせて活用できます。

Anthos でサーバーレス環境を実現

Google Cloud のアプリ モダナイゼーション プラットフォームである Anthos と Cloud Run が統合され、カスタム マシンタイプや VPC ネットワーキングに加え、既存の Kubernetes ベース ソリューションとの統合が可能となりました。Cloud Run for Anthos により、Google Kubernetes Engine(GKE)上にフレキシブルなサーバーレス環境の開発プラットフォームが提供されます。Kubernetes 上でのサーバーレス ワークロードのサポートには、オープンソース プロジェクトである Knative が使用されています。また、Cloud Run は、フルマネージド型のサーバーレスなプラットフォームとして、Kubernetes なしでも利用できます。

利点

利点のアイコン

開発時の複雑さの軽減

Cloud Run for Anthos により、基板となるインフラストラクチャが抽象化され、プラットフォーム上でのアプリの構築に伴う複雑さが軽減され、開発を始めやすくなります。

利点のアイコン

Kubernetes オペレーションの柔軟性

Cloud Run for Anthos では、ワークロードの高度な自動スケーリングと自動ネットワーキングにより、運用上の要件に効率的に対応できます。既存の Kubernetes ベース ソリューションを活用し、シームレスに運用することもできます。

利点のアイコン

場所を選ばないサーバーレス環境

Cloud Run for Anthos では、オンプレミスまたは Google Cloud 上で実行されるクラスタに対して、すべて同じ一貫性のとれた方法でワークロードをデプロイできます。

特長

シンプルなデベロッパー環境 シンプルなコマンドラインとユーザー インターフェースにより、サービスを迅速にデプロイして管理できます。
使い慣れた運用環境の活用 既存の Kubernetes 環境を活用して、サーバーレスなワークロードを迅速に実行します。
高速な自動スケーリング クラスタ内のリクエスト トラフィックに応じて、ワークロードを迅速に自動スケーリングします。アイドル状態のワークロードをゼロ インスタンスにスケーリングし、クラスタのリソースを開放します。
任意の言語、ライブラリ、バイナリ 任意のプログラミング言語、任意の言語や OS のライブラリを使用できるだけでなく、独自のバイナリを利用することも可能です。
コンテナのワークフローと標準的な手法を活用 コンテナは、コードやその依存関係をパッケージ化し、デプロイする標準的な手法となっています。Cloud Run は、Cloud BuildContainer Registry、Docker などのコンテナ エコシステムと親和性の高いサービスです。
ロギングとモニタリングの統合 Stackdriver Monitoring、Logging、Error Reporting と最初から統合されており、アプリケーションの健全性を確保できます。
Knative が基盤 Cloud Run は、オープンソース プロジェクトである Knative を基盤としているため、プラットフォームの間でワークロードを移植できます。
カスタム ドメイン サービスを独自のドメインにマッピングできます。

Cloud Run for Anthos の料金

Cloud Run for Anthos は現在、Anthos のサブスクリプションに含まれています。Anthos の料金ついては、セールスチームにお問い合わせください

GKE のお客様も、Cloud Run for Anthos を GKE の費用のみで 2020 年 5 月 14 日までトライアルとしてご使用いただけます。

Cloud Run for Anthos では、Kubernetes クラスタへのアプリケーション レベルの自動スケーリングなどの追加機能が提供されており、必要な場合にクラスタを簡単にスケーリングできます。Kubernetes のベスト プラクティスに応じたさまざまなアクションを実行して抽象化を行うことで、インフラストラクチャではなくサービスにより集中できるようになります。

Qi Tech, LLC リード DevOps エンジニア Danilo Porto 氏

リソース

Cloud Run for Anthos の参考資料をご覧ください。