ログをエクスポートする

このページは、インフラストラクチャ オペレーターを対象としています。

fluent-bit の追加出力を構成する

ログは、クラスタで実行中の Loki に加え、他の宛先にエクスポートできます。サポートされている送信先のリストをご覧ください。この設定は、クラスタごと、またはグローバルに構成できます。

グローバル構成

  1. ConfigMap は、anthos-management-center 名前空間に作成し、logmon: system_logs ラベルを付加します。追加の出力構成では、fluent-bit 出力プラグインと同じ構文を使用し、data フィールド下の output.conf ファイルに追加する必要があります。サンプル構成ファイルをご覧ください。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      # The name should match the configmap name specified in step 3.
      name: <customized-system-logs-fluent-bit-output-config>
      # Don't change the namespace
      namespace: anthos-management-center
      labels:
        # This label is required.
        logmon: system_logs
    data:
      # The file name must be output.conf
      output.conf: |
        # Add a customized fluent-bit output plugin configuration here
    
  2. 次のコマンドを実行して、コマンドライン エディタで Observability カスタム リソースを開きます。

    kubectl --kubeconfig=ADMIN_OIDC_KUBECONFIG -n anthos-management-center edit observability default
    
  3. Observability カスタム リソースで、spec/logging フィールドの下に additionalSink フィールドを追加します。

    apiVersion: managementcenter.anthos.cloud.google.com/v1alpha1
    kind: Observability
    metadata:
      # Don't change the name
      name: default
      # Don't change the namespace
      namespace: anthos-management-center
    spec:
      enabled: true
      logging:
        additionalSink:
          fluentbitConfigMaps:
          # The name should match the configmap name created in step 1.
          - "<customized-system-logs-fluent-bit-output-config>"
          # Scheme: []v1.VolumeMount. Add volumeMounts if necessary
          volumeMounts:
          - ...
          - ...
          # Scheme: []v1.Volume. Add volumes if necessary
          volumes:
          - ...
          - ...
    
  4. Observability カスタム リソースに対する変更を保存するには、保存してコマンドライン エディタを終了します。

クラスタごとの構成

  1. クラスタ名を Observability カスタム リソースの spec/logging/additionalSink/clusterSelector/exclude リストに追加して、クラスタをグローバル構成から除外します。

    apiVersion: managementcenter.anthos.cloud.google.com/v1alpha1
    kind: Observability
    metadata:
      # Don't change the name
      name: default
      # Don't change the namespace
      namespace: anthos-management-center
    spec:
      enabled: true
      logging:
        additionalSink:
          clusterSelector:
            exclude:
            - cluster-name
          ...
    
  2. ConfigMap は、kube-system 名前空間に作成し、logmon: system_logs ラベルを付加します。追加の出力構成では、fluent-bit 出力プラグインと同じ構文を使用し、data フィールド下の output.conf ファイルに追加する必要があります。サンプル構成ファイルをご覧ください。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      # The name should match the configmap name specified in step 3.
      name: <customized-system-logs-fluent-bit-output-config>
      # Don't change the namespace
      namespace: kube-system
      labels:
        # This label is required.
        logmon: system_logs
    data:
      # The file name must be output.conf
      output.conf: |
        # Add a customized fluent-bit output plugin configuration here
    
  3. 次のコマンドを実行して、コマンドライン エディタで LogMon カスタム リソースを開きます。

    kubectl --kubeconfig=ADMIN_OIDC_KUBECONFIG -n kube-system edit logmon logmon-default
    
  4. LogMon カスタム リソースで、spec/system_logs/outputs フィールドの下に additionalOutput フィールドを追加します。

    apiVersion: addons.gke.io/v1alpha1
    kind: Logmon
    metadata:
      # Don't change the name
      name: logmon-default
      # Don't change the namespace
      namespace: kube-system
    spec:
      system_logs:
        outputs:
          additionalOutput:
            fluentbitConfigmaps:
            # The name should match the configmap name created in step 1.
            - "<customized-system-logs-fluent-bit-output-config>"
            # Scheme: []v1.VolumeMount. Add volumeMounts if necessary
            volumeMounts:
            - ...
            - ...
            # Scheme: []v1.Volume. Add volumes if necessary
            volumes:
            - ...
            - ...
    
  5. LogMon カスタム リソースに対する変更を保存するには、保存してコマンドライン エディタを終了します。