Cloud Console

Cloud Console には、実行場所に関係なく、すべての Kubernetes クラスタとそのリソースを管理するための一元的なユーザー インターフェースが用意されています。すべてのリソースが 1 つのダッシュボードに表示され、複数の Kubernetes クラスタ間でワークロードの可視化が容易になります。

Cloud Console により、特に異なる環境とネットワークにクラスタが分散されている場合、デバッグが容易になります。Cloud Console を使用すると、ワークロードの健全性を迅速に判断して、それらすべてを単一のクラウド内で実行しているかのように変更できます。

Kubernetes API サーバーが、Cloud Console で行われたすべてのリクエストに対して認証、認可、監査ロギングを継続して行うことで、UI を使用してユーザーが表示および操作できるリソースを引き続き管理します。

Google とユーザーは、クラスタ管理者から認可された後(たとえば RBAC 経由)、データまたは API にアクセスできます。クラスタ管理者はその認可を取り消すことができます。

はじめに

以降のセクションでは、Cloud Console を使用して、Kubernetes クラスタの実行場所にかかわらず、その管理を開始する方法を説明します。

Google Cloud の GKE クラスタ

Google Cloud プロジェクトの既存の GKE クラスタはすでに Cloud Console に表示されています。特別な操作を行うことなく、この機能を引き続き利用できます。

他の環境でのクラスタ

オンプレミス データセンターで実行されているクラスタなど、他の環境のクラスタは Google でアクセス可能にして Cloud Console に表示されるように Google Cloud に接続し、再度登録する必要があります。GKE On-Prem を使用している場合、これらの接続はクラスタの作成時に自動的に設定されます。

その他の Kubernetes クラスタについては、次の手順を行います。

  1. Kubernetes クラスタを Google に登録して接続するには、クラスタの登録の手順に従ってください。
  2. クラスタを登録すると、Cloud Console に表示されます。ログインするには、各ユーザーは自身の認証情報を使用する必要があります。Cloud Console からクラスタにログインする方法については、クラスタへのログインをご覧ください。