クラスタラベルを使用したクラスタ管理

クラスタラベルは、クラスタ全体の複数のクラスタを管理する場合に便利です。クラスタラベルにより、クラスタに関連するメタデータを追加できます。たとえば、サブセットのクラスタには、その目的(devstagingprod など)に基づいてラベルを付けることができます。

クラスタに関連付けられたラベルに個別にまたは一括で変更を加えるには、次の手順に従います。

Console

  1. Cloud Console のクラスタ メニューに移動します。

    [クラスタ] メニューに移動

  2. クラスタの左側にあるボックスをオンにして、1 つ以上のクラスタを選択します。

  3. [情報パネルを表示] をクリックします。

  4. 既存のラベルを追加または変更します。

gcloud

gcloud container hub memberships update [MEMBER] \
 --update-labels=:[KEY]=:[VALUE]

ここで

  • [MEMBER] は、編集するクラスタの名前です。
  • [KEY=VALUE] は、更新するラベルです。ラベルが存在する場合はその値が変更され、そうでない場合は新しいラベルが作成されます。