GKE On-Prem の以前のバージョンのドキュメントを表示しています。最新のドキュメントはこちらをご覧ください

クラスタの管理

このページでは、GKE On-Prem クラスタを管理する方法について説明します。

始める前に

  1. 管理ワークステーションに SSH で接続します。

    ssh -i ~/.ssh/vsphere_workstation ubuntu@[IP_ADDRESS]
    
  2. アカウントの認証情報を使用して Google Cloud にログインします。

    gcloud auth login
  3. デフォルトのプロジェクトを設定します。デフォルトの Google Cloud を設定すると、すべての Cloud SDK コマンドがプロジェクトに対して実行されます。コマンドごとにプロジェクトを指定する必要はありません。

    gcloud config set project [PROJECT_ID]
    

    [PROJECT_ID] は実際のプロジェクト ID に置き換えます(プロジェクト ID は Cloud Console で確認できます。また、gcloud config get-value project を実行して確認することもできます)。

クラスタの表示

kubectl

kubectl get clusters --kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG]

Console

GKE On-Prem 構成ファイルの gkeconnect フィールドに入力してクラスタを Google Cloud に登録した場合は、Cloud Console でクラスタを表示できます。詳しくは、Connect ドキュメントの登録済みクラスタの表示をご覧ください。

クラスタへの接続

クラスタに接続する場合は、次の 2 つのオプションがあります。

クラスタ バージョンの確認

ユーザー クラスタ

kubectl get cluster --kubeconfig [USER_CLUSTER_KUBECONFIG] -o yaml | grep bundle.gke.io/version

クラスタのバージョンは、このコマンドが返すバンドル バージョンと同じです。

管理クラスタ

kubectl get pod -l api=clusterapi --kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] -o yaml -n kube-system | grep image:.*controller-manager

クラスタのバージョンは、このコマンドが返すイメージ バージョンと同じです。