以前のバージョンの GKE On-Prem のドキュメントを表示しています。最新のドキュメントをご覧ください

管理クラスタの削除

このページでは、Anthos GKE On-Prem 管理クラスタを削除する方法について説明します。

始める前に

管理クラスタを削除する前に、次の手順を行います。

  • ユーザー クラスタを削除します。ユーザー クラスタの削除をご覧ください。
  • 管理クラスタから PodDisruptionBudgets(PDB)を使用するワークロードをすべて削除します。
  • 管理クラスタから PersistentVolumes などの外部オブジェクトをすべて削除します。
  • 削除する管理クラスタの kubeconfig を指す、KUBECONFIG 環境変数を設定します。

    export KUBECONFIG=[ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG]
    

    ここで、[ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] は管理クラスタの kubeconfig ファイルのパスです。

ロギングとモニタリングの削除

StatefulSet からデプロイされた GKE On-Prem のロギングおよびモニタリング Pod は、ノードの適切なドレインを妨げる PDB を使用します。管理クラスタを適切に削除するには、これらの Pod を削除する必要があります。

ロギングとモニタリング Pod を削除するには、次のコマンドを実行します。

kubectl delete monitoring --all -n kube-system
kubectl delete stackdriver --all -n kube-system

モニタリングを削除すると、StatefulSet に関連付けられた PersistentVolume(PV)が消去されますが、Stackdriver の PersistentVolume は個別に削除する必要があります。

Stackdriver PV の削除はオプションです。PV を削除しない場合は、関連付けられた PV の場所と名前をユーザー クラスタ外の場所に記録します。

Persistent Volume Claim(PVC)を削除すると、PV も削除されます。

Stackdriver PVC を見つけるには、次のコマンドを実行します。

kubectl get pvc -n kube-system

PVC を削除するには、次のコマンドを実行します。

kubectl delete pvc -n kube-system [PVC_NAME]

ロギングとモニタリングの削除の確認

ロギングとモニタリングが削除されたことを確認するには、次のコマンドを実行します。

kubectl get pvc -n kube-system
kubectl get statefulsets -n kube-system

管理クラスタの F5 パーティションのクリーンアップ

管理クラスタから gke-system Namespace を削除すると、F5 パーティションが適切にクリーンアップされ、パーティションを別の管理クラスタに再利用できます。

gke-system Namespace を削除するには次のコマンドを実行します。

kubectl delete ns gke-system

次に、LoadBalancer タイプの残りの Service をすべて削除します。すべての Service を一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

kubectl get services --all-namespaces

LoadBalancer タイプの Service ごとに、次のコマンドを実行して削除します。

kubectl delete service [SERVICE_NAME] -n [SERVICE_NAMESPACE]

次に、F5 BIG-IP コンソールから次の手順を実行します。

  1. コンソールの右上で、パーティションに切り替えてクリーンアップします。
  2. [Local Traffic] > [Virtual Servers] > [Virtual Server List] の順に選択します。
  3. [Virtual Servers] メニューで、すべての仮想 IP を削除します。
  4. [Pools] を選択し、すべてのプールを削除します。
  5. [Nodes] を選択し、すべてのノードを削除します。

F5 パーティションがクリーンであることを確認する

CLI

次のコマンドを実行して、VIP が停止していることを確認します。

ping -c 1 -W 1 [F5_LOAD_BALANCER_IP]; echo $?

VIP が停止している場合は 1 が返されます。

F5 UI

F5 ユーザー インターフェースからパーティションがクリーンアップされたことを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 右上の [Partition] プルダウン メニューをクリックします。管理クラスタのパーティションを選択します。
  2. 左側の [Main] メニューから [Local Traffic] > [Network Map] を選択します。Local Traffic Network Map の下には何も表示されません。
  3. [Local Traffic] > [Virtual Servers] > [Nodes] の順にクリックし、[Nodes List] を選択します。ここにも何も表示されません。

エントリが残っている場合は、UI から手動で削除します。

管理ノードマシンの電源の切断

管理コントロール プレーンのノードマシンを削除するには、vSphere リソースプール内の残りの管理 VM の電源を切る必要があります。

vSphere UI

次の手順を行います。

  1. vSphere のメニューの Vsphere リソースプールから VM を選択します。
  2. VM メニューの上部にある [Actions] をクリックします。
  3. [Power] > [Power Off] を選択します。VM の電源がオフになるまで数分かかることがあります。

管理ノードマシンの削除

VM の電源が切れたら、VM を削除できます。

vSphere UI

次の手順を行います。

  1. vSphere のメニューの Vsphere リソースプールから VM を選択します。
  2. VM メニューの上部にある [Actions] をクリックします。
  3. [Delete from Disk] をクリックします。

完了後

管理クラスタの削除が完了したら、その kubeconfig を削除します。

トラブルシューティング

詳しくは、トラブルシューティングを参照してください。

gkectl を使用してクラスタの問題を診断する

クラスタの問題を特定し、クラスタの情報を Google と共有するために、gkectl diagnose コマンドを使用します。クラスタの問題を診断するをご覧ください。

gkectl コマンドを詳細に実行する

-v5

stderr に対する gkectl エラーのロギング

--alsologtostderr

管理ワークステーションの gkectl ログを見つける

デバッグフラグを渡さない場合でも、次の管理ワークステーション ディレクトリで gkectl ログを表示できます。

/home/ubuntu/.config/syllogi/logs

管理クラスタで Cluster API ログを見つける

管理コントロール プレーンの起動後に VM が起動しない場合は、管理クラスタの Cluster API コントローラのログを調べてデバッグを試すことができます。

  1. kube-system Namespace で Cluster API コントローラ Pod の名前を確認します。ここで、[ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] は管理クラスタの kubeconfig ファイルのパスです。

    kubectl --kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] -n kube-system get pods | grep clusterapi-controllers
  2. Pod のログを開きます。ここで、[POD_NAME] は Pod の名前です。必要に応じて、grep または同様のツールを使用してエラーを検索します。

    kubectl --kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] -n kube-system logs [POD_NAME] vsphere-controller-manager