GKE On-Prem の以前のバージョンのドキュメントを表示しています。最新のドキュメントはこちらをご覧ください

ユーザー クラスタの削除

このページでは、GKE On-Prem ユーザー クラスタを削除する方法について説明します。

概要

GKE On-Prem は、gkectl を介したユーザー クラスタの削除をサポートしています。クラスタが正常でない場合(たとえば、コントロール プレーンがアクセス不可能な場合やクラスタのブートストラップに失敗した場合)は、その代わりに手動でユーザー クラスタを削除するをご覧ください。

ユーザー クラスタの削除

次のコマンドを実行します。

gkectl delete cluster \
--kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] \
--cluster [CLUSTER_NAME]

ここで、[ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] は管理クラスタの kubeconfig ファイル、[CLUSTER_NAME] は削除するユーザー クラスタの名前です。

完了後

gkectl がユーザー クラスタの削除を完了したら、ユーザー クラスタ kubeconfig を削除します。

既知の問題

クラスタが削除されると、vSphere で追加のユーザー コントロール プレーン VM が作成されることがあります。次の手順を実行して、すべてのユーザー クラスタ VM が削除されていることを確認します。

  1. vSphere Web Client の左側の [ナビゲータ] メニューで、[ホストとクラスタ] メニューをクリックします。
  2. リソースプールを見つけます。
  3. ユーザー クラスタ名の接頭辞が付けられている VM がないようにしてください。

残りのユーザー クラスタ VM がある場合は、vSphere Web Client から次の手順を実行します。

  1. ユーザー クラスタ VM を右クリックし、[Power]、[Power Off] の順に選択します。
  2. VM の電源が切れたら、VM を右クリックして、[Delete from Disk] を選択します。

トラブルシューティング

詳しくは、トラブルシューティングを参照してください。

gkectl を使用してクラスタの問題を診断する

クラスタの問題を特定し、クラスタの情報を Google と共有するために、gkectl diagnose コマンドを使用します。クラスタの問題を診断するをご覧ください。

デフォルトのロギング動作

gkectlgkeadm では、デフォルトのロギング設定を使用するだけで十分です。

  • デフォルトでは、ログエントリは次のように保存されます。

    • gkectl の場合、デフォルトのログファイルは /home/ubuntu/.config/gke-on-prem/logs/gkectl-$(date).log で、このファイルは gkectl を実行するローカル ディレクトリの logs/gkectl-$(date).log ファイルにシンボリック リンクされます。
    • gkeadm の場合、デフォルトのログファイルは、gkeadm を実行するローカル ディレクトリの logs/gkeadm-$(date).log です。
  • すべてのログエントリは、ターミナルに出力されていない場合(--alsologtostderrfalse の場合)でもログファイルに保存されます。
  • -v5 詳細レベル(デフォルト)は、サポートチームが必要とするログエントリすべてを対象としています。
  • ログファイルには、実行されたコマンドと失敗メッセージも含まれます。

サポートが必要な場合は、サポートチームにログファイルを送信することをおすすめします。

ログファイルにデフォルト以外の場所を指定する

gkectl ログファイルにデフォルト以外の場所を指定するには、--log_file フラグを使用します。指定したログファイルは、ローカル ディレクトリにリンクされません。

gkeadm ログファイルにデフォルト以外の場所を指定するには、--log_file フラグを使用します。

管理クラスタで Cluster API ログを見つける

管理コントロール プレーンの起動後に VM が起動しない場合は、管理クラスタの Cluster API コントローラのログを調べてデバッグを試すことができます。

  1. kube-system Namespace で Cluster API コントローラ Pod の名前を確認します。ここで、[ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] は管理クラスタの kubeconfig ファイルのパスです。

    kubectl --kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] -n kube-system get pods | grep clusterapi-controllers
  2. Pod のログを開きます。ここで、[POD_NAME] は Pod の名前です。必要に応じて、grep または同様のツールを使用してエラーを検索します。

    kubectl --kubeconfig [ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG] -n kube-system logs [POD_NAME] vsphere-controller-manager