バージョン 1.7。このバージョンは、Anthos バージョン サポート ポリシーに記載されているようにサポートされており、Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)に影響を与えるセキュリティの脆弱性、露出、問題に関する最新のパッチとアップデートが提供されます。詳細については、リリースノートをご覧ください。これは最新バージョンではありません。

IP ブロック ファイル

このページでは、Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)の設定で使用される IP ブロック ファイルのフィールドについて説明します。

IP ブロック ファイルを使用して、マシンが属する一連のマシンとネットワークを記述します。次に、IP ブロック ファイルの使用例を示します。

  • 管理クラスタ内のノードのホスト名と静的 IP アドレスを一覧表示します。

  • ユーザー クラスタ内のノードのホスト名と静的 IP アドレスを一覧表示します。

  • 管理クラスタ用にバンドルされた Seesaw ロードバランサを実行する VM のホスト名と静的 IP アドレスを一覧表示します。

  • ユーザー クラスタにバンドルされた Seesaw ロードバランサを実行する VM のホスト名と静的 IP アドレスを一覧表示します。

テンプレート

IP ブロック ファイルのフィールドへの入力

blocks

オブジェクトの配列。それぞれがホストのセットを説明します。

blocks[i].netmask

文字列。一連のホストのサブネット マスク。例:

blocks:
- netmask: "255.255.252.0"

blocks[i].gateway

文字列。一連のホストのデフォルト ゲートウェイのアドレス。次に例を示します。

blocks:
- netmask: "255.255.252.0"
  gateway: "172.16.23.254"

blocks[i].ips

オブジェクトの配列。各オブジェクトには、個別の IP アドレスまたは IP アドレスの CIDR ブロックがあります。オブジェクトに個別の IP アドレスがある場合、ホスト名を指定することもできます。

次に例を示します。

blocks:
- netmask: "255.255.252.0"
  gateway: "172.16.23.254"
  ips:
  - ip: 172.16.20.10
    hostname: admin-host1
  - ip: 172.16.20.11
    hostname: admin-host2
  - ip: 172.16.20.12/30

上述の例では、6 個の IP アドレス(2 個の個別のアドレスと 4 個のアドレスの CIDR ブロック)を指定しています。

ip を CIDR ブロックに設定する場合は、hostname の値を指定しないでください。

hostname の値を指定しない場合、Anthos clusters on VMware は vSphere の VM の名前をホスト名として使用します。

古いフィールド

以前のバージョンの Anthos clusters on VMware では、IP ブロック ファイルで hostconfig セクションを使用していました。

hostconfig:
  dns: ""
  tod: ""
  otherdns:
  - ""
  ...
  othertod:
  - ""
  ...
  searchdomainsfordns:
  - ""
  ...

IP ブロック ファイルには hostconfig セクションを指定しないでください。代わりに、管理クラスタ構成ファイルまたはユーザー クラスタ構成ファイルnetwork.hostConfig セクションに情報を入力します。

クラスタ構成ファイルの network.hostConfig セクションに入力すると、Anthos clusters on VMware は、クラスタに関連付けられているすべての IP ブロック ファイルの hostconfig セクションを無視します。

クラスタ構成ファイルの network.hostConfig セクションが未入力の場合、下位互換性を確保するために、Anthos clusters on VMware は、クラスタに関連付けられている IP ブロック ファイルの hostconfig セクションを読み取ります。