バージョン 1.6。 このバージョンは、Anthos バージョン サポート ポリシーに記載のとおり、サポートを終了しています。Anthos clusters on VMware (GKE on-prem) に影響するセキュリティの脆弱性、露出、問題に対する最新のパッチとアップデートを適用するには、サポート対象のバージョンにアップグレードしてください。最新バージョンはこちらで確認できます。

管理クラスタのコントロール プレーン VM の修復

Anthos clusters on VMware(GKE On-Prem)の実装では、管理クラスタのコントロール プレーン VM に 2 つのディスクがアタッチされています。

  • ブートディスクには VM のオペレーティング システムがあります。

  • データディスクには、認証情報と etcd データベースがあり、管理クラスタの状態が保存されます。つまり、データディスクには、管理クラスタのすべての Kubernetes オブジェクトが格納されます。

このページでは、コントロール プレーン VM が失われた場合やブートディスクが不正に使用された場合に復元する方法を説明します。例:

  • スパム ジャーナル ログにより、ブートディスクが読み取り専用になる。
  • Docker オーバーレイ ファイル システムが破損する。

このページでは、データディスクの復元について説明しません。データディスクを復元する方法については、管理クラスタの復元をご覧ください。

コントロール プレーン VM の修復

管理クラスタのコントロール プレーン VM を修復するには:

gkectl repair admin-master --config ADMIN_CLUSTER_CONFIG --kubeconfig ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG

次のように置き換えます。

  • ADMIN_CLUSTER_CONFIG は、管理クラスタ構成ファイルのパスで置き換えます。

  • ADMIN_CLUSTER_KUBECONFIG は、管理クラスタの kubeconfig ファイルのパスで置き換えます。

管理クラスタのコントロール プレーン VM のクローンが VM テンプレートに作成され、VM の再作成に必要な情報がすべて含まれます。gkectl repair admin-master コマンドは、VM テンプレートを使用して新しい VM を作成します。その後、新しいブートディスクと既存のデータディスクをアタッチします。

クラスタノードが DHCP サーバーからアドレスを取得すると、新しい VM に元の VM と異なる IP アドレスが割り振られる可能性があります。