Anthos clusters on AWS(GKE on AWS)の新しいバージョンが 9 月 29 日にリリースされました。詳細については、リリースノートをご覧ください。

バージョニングとアップグレード

このページでは、AWS 上の Anthos クラスタ(GKE on AWS)のバージョニングについて説明します。詳しくは次の記事をご覧ください。

利用可能なバージョン

Anthos clusters on AWS aws-1.9.0-gke.2 は、次の Kubernetes バージョンをサポートしています。

  • 1.18.20-gke.6300
  • 1.19.14-gke.2200
  • 1.20.10-gke.2000
  • 1.21.4-gke.2100

以前にサポートされていたバージョンについては、リリースノートをご覧ください。

コンポーネントのアップグレード

このセクションでは、AWSCluster と AWSNodePool のアップグレードについて説明します。

AWSCluster

AWSNodePool を更新せずに、AWSCluster を AWS 上の Anthos クラスタの新しいバージョンに更新できます。

AWSNodePool

AWSNodePool を AWSCluster より新しいバージョンにアップデートすることはできません。AWSNodePool を更新するには、最初に AWSCluster を更新する必要があります。

AWSNodePool のバージョンは、AWSCluster のバージョンの 2 つ前のマイナー バージョン以降でなければなりません。

バージョニング

このセクションでは、AWS 上の Anthos クラスタのバージョンと、バージョンのサポートについて説明します。

バージョニングのサポート

バージョニングのスキーマ

AWS 上の Anthos クラスタの Kubernetes バージョンは、X.Y.Z.-gke.N のようになります。

メジャー バージョン(X
メジャー バージョンでは、下位互換性のない変更が導入されます。
マイナー バージョン(X.Y
通常、マイナー バージョンでは新しい機能が導入されます。
パッチ バージョン(X.Y.Z-gke.N

パッチ バージョンには、修正プログラムとセキュリティ アップデートが含まれます。通常、パッチ バージョンでは新機能は導入されません。

パッチ バージョンのリリース番号は -gke.N で終わります(N は数字)。

バージョニングの頻度

AWS 上の Anthos クラスタのリリース:

  • マイナー バージョン: 約 3 か月ごと
  • パッチ バージョン: 毎月

次のステップ