コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Anthos Config Management をアップグレードする

Anthos Config Management をアップグレードして、クラスタにインストールされている Policy Controller と Config Sync のバージョンをアップグレードします。

Anthos Config Management をアップグレードする前に、リリースノートでバージョン間で変更点の詳細を確認してください。

Anthos Config Management をアップグレードにするには、次の手順を行います。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールの場合:
    • Google Kubernetes Engine を使用している場合は、[構成とポリシー] セクションで、GKE の構成ページに移動します。

      [構成管理] に移動

    • Anthos を使用している場合は、[構成とポリシー] セクションで、Anthos の構成ページに移動します。

      [構成管理] に移動

  2. アップグレードする Anthos Config Management のバージョンのクラスタの横にある [ 編集] をクリックします。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. Config Sync ページで、[詳細設定を表示] をクリックします。
  5. [構成管理のバージョン] プルダウン リストから、アップグレードするバージョンを選択します。
  6. [完了] をクリックします。

gcloud

次のコマンドを実行します。

gcloud beta container fleet config-management upgrade \
    --version=VERSION \
    --membership=MEMBERSHIP_NAME

次のように置き換えます。

  • VERSION: アップグレードするバージョン
  • MEMBERSHIP_NAME: クラスタの登録時に選択したメンバーシップ名。メンバーシップ名を確認するには、gcloud container fleet memberships list を実行します。

Anthos Config Management のバージョンを確認する

アップグレードする前にクラスタにインストールされている Anthos Config Management のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

gcloud beta container fleet config-management version

このコマンドの詳細については、リファレンス ドキュメントをご覧ください。