Anthos Config Management のインストール

このページでは、Anthos Config Management のさまざまなコンポーネントをインストールするためのリソースを紹介します。Anthos Config Management の詳細については、Anthos Config Management の概要をご覧ください。

サポートされているプラットフォームとバージョン

Anthos Config Management のバージョニングとアップグレードの互換性については、Anthos のバージョンとアップグレードのサポートをご覧ください。

Anthos Config Management の有効化

プロジェクトで Anthos API を有効にします。

Console

Google Cloud Console で、Anthos API ページに移動します。

Anthos API ページに移動

  • [有効にする] をクリックします。

gcloud

次のコマンドを実行します。

 gcloud services enable anthos.googleapis.com
 

次の手順で Anthos Config Management を有効にします。

Console

  1. Google Cloud Console で、Anthos の [機能] ページに移動します。

    Anthos の機能ページに移動

  2. [構成管理] の行で、[有効にする] をクリックします。

  3. 確認ウィンドウで、[構成管理の有効化] をクリックします。

gcloud

次のコマンドを実行します。

 gcloud alpha container hub config-management enable

Anthos Config Management コンポーネントのインストール

以降のページでは、さまざまな Anthos Config Management コンポーネントのインストール方法について説明します。

上記のコンポーネントはすべて同じ Anthos Config Management インストール内で実行できます。Anthos の資格がない場合は、次のプロダクトに以下のコンポーネントをインストールします。

リソース リクエスト

次の表は、Anthos Config Management コンポーネントの Kubernetes リソース要件を示したものです。詳細については、Kubernetes ドキュメントのコンテナのリソースの管理をご覧ください。

コンポーネント CPU メモリ
Config Management Operator 100m 20Mi
Policy Controller 100m 256Mi
Config Connector 250m 400Mi

Config Sync のリソース リクエスト

Config Sync のリソース リクエストは、使用している Config Sync 機能によって異なります。

機能 CPU メモリ
標準モード 460 m 310 Mi
マルチリポジトリ モード 710 m + 260 m *(RootSync オブジェクトおよび RepoSync オブジェクトの数) 620 Mi + 210 Mi *(RootSync オブジェクトと RepoSync オブジェクトの数)
Hierarchy Controller 220 m 220 Mi

コンポーネント別の Config Sync のリソース リクエストについて詳しくは、Config Sync ドキュメントのリソース リクエストをご覧ください。

次のステップ